日本資本主義発生史

森喜一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文 / 1
  • 總論 / 3
  • 第一編 封建社會の崩壞作用と資本主義的要素の發生 / 11
  • 第一章 構造的崩壞要素 / 13
  • 第一節 生產力の發展と生產關係 / 13
  • 第一項 農業 / 13
  • 耕地面積の增加
  • 農業技術の進步
  • 農作物の多樣化
  • 農業勞働力の問題
  • 第二項 工業及び鑛業 / 53
  • 技術的發展
  • 生產形態に於ける發展
  • 工業勞働力の問題
  • 工業生產力發展の結論
  • 第三項 槪括 / 117
  • 第二節 商業=貨幣資本の蓄積・發展による封建經濟機構との矛盾 / 118
  • 第一項 商業=貨幣資本の蓄積と影響 / 118
  • 市場及び交通手段の發達と商業資本の蓄積
  • 高利貸附資本の蓄積と其影響
  • 第二項 經濟的基底に於ける質的變化の開始 / 170
  • 自然經濟より商品經濟への轉換期
  • 貸附=貨弊資本と封建的生產關係
  • 第二章 封建社會崩壞作用に於ける直接的契機 / 175
  • 第一節 農民及び無產市民の反抗 / 177
  • 第一項 農民反抗=一揆 / 177
  • 農民層の構成と分化
  • 農民と貢租收取關係
  • 農民の反抗
  • 第二項 無產市民の反抗 / 197
  • 都市住民の構成と分化
  • 「打毀し」の經濟的原因と事態
  • 第三項 槪括 / 205
  • 第二節 封建財政の破綻的窮乏と政治機構解體への契機 / 207
  • 第一項 封建財政の窮乏と破綻 / 207
  • 中央財政窮乏の諸過程と對策
  • 諸藩財政の窮乏と破綻
  • 第二項 封建身分的階位制の分解と政治的弛緩現象の增大 / 223
  • 第三節 槪括 / 229
  • 第三章 日本資本主義發生の諸條件 / 232
  • 第二編 封建社會の崩壞と資本主義の生誕 / 237
  • 第一章 外國資本主義の進出と開國强要 / 239
  • 第一節 鎖國期の國外狀勢 / 239
  • 第二節 開國の諸過程 / 250
  • 第三節 開國と經濟的諸影響 / 254
  • 第一項 低關稅率の强制 / 254
  • 第二項 國內生產品の大量濫出と其影響 / 256
  • 第三項 資本主義的商品の流入と其影響 / 260
  • 第二章 封建權力=社會の崩壞と資本主義的曙光 / 263
  • 第一節 鎖國主義と開國主義の對立抗爭 / 263
  • 第二節 幕府權力の消滅過程 / 268
  • 附編 日本資本主義の歷史的過程 / 275
  • 第一章 史觀に就て / 277
  • 第二章 日本資本主義の發展段階 / 281
  • 一 歷史的發端 / 281
  • 二 資本主義成立過程 / 281
  • 三 資本主義發展過程(一) / 283
  • 四 資本主義發展過程(二) / 286
  • 五 資本主義發展過程(三) / 290
  • 附錄
  • 參考略年表 / 1
  • 重要事項索引 / 1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本資本主義発生史
著作者等 森 喜一
書名ヨミ ニホン シホン シュギ ハッセイシ
出版元 叢文閣
刊行年月 昭和10
ページ数 299, 29, 10p
大きさ 22cm
NCID BN06223047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47014653
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想