大近松全集 : 解説註釈  第2巻

近松門左衛門 著 ; 木谷蓬吟 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第二卷 解說 註解大近松全集
  • (一) 天神記
  • 本文 / 1
  • 解說 / 71
  • 材源、緣起傳說史記の類及び謠曲
  • 菅公雷化說と史實、時平公と雷の陣
  • あやつり、からくり應用の繪畫的舞臺面
  • 美文美景と意匠雜觀
  • 英雄的菅丞相、實は豐臣秀吉?
  • 梅、松、竹、櫻、杉、 並に梅は飛びの歌
  • 作系と影響、菅原其他の戯曲
  • 風俗に關する參考資料
  • 大和太夫の天拜山
  • 改作『菅丞相冥加松梅』と現存最古の朱章本
  • (二) 最明寺殿百人上﨟
  • 本文 / 111
  • 解說 / 161
  • 『源平盛衰記』と『三世命鑑』の衣
  • 『女鉢の木』の一幕
  • 靈元上皇の御批評『蝶の翅』の逸話
  • 英一蝶の流刑と『百人上﨟』の描寫
  • 『女勢揃ひ』の女天下、早打の飛脚の獨白
  • 例の好色式の文辭
  • あやつリ應用の舞臺面
  • 節事と景事『義經ふくみ狀』など
  • 當時の漢學敎科書目と早打の召集令
  • 『女鉢の木』の影響、『北條時賴記』其他
  • 史實と遺蹟
  • (三) 唐船噺今國性爺
  • 本文 / 187
  • 解說 / 251
  • 材料の出所と船問屋尼ケ崎屋の隱居所
  • 實說朱一貴の亂
  • 破天荒な三つの特異點『其一』全編支那及び支那人を描ひたこと『其二』微薼も色氣の彩のないこと『其三』現在進行中の外國戰爭種を仕組んだこと
  • 支那俗謠『十三省』と豆腐蒟蒻の木遺歌
  • 一尺の髭、鍛冶の祝文、屋上の大捕物
  • 『國性爺合戰』の再用
  • 父の死肉を食はせられる慘劇
  • 大石內藏之助の名が戯曲に現はれた第一筆
  • 影響
  • (四) 出世景淸
  • 本文 / 275
  • 解說 / 313
  • 『出世』と冠した第一の新試作
  • 近松作境の一轉期と其時代
  • 近松の觀た阿古屋と『兜軍記』の琴責
  • 阿古屋母子の慘死と景淸の牢破り
  • 刺客上總忠光と景淸
  • 謠曲趣味の利用、元祿ぶりの景淸
  • 阿古屋景淸の遺跡
  • 著作系統と其影響
  • (五) 百合若大臣野守鑑
  • 本文 / 333
  • 解說 / 389
  • 興行月の疑問
  • 百合若傳說と舞曲淨曲歌舞伎の類
  • 舞の本百合草若大臣の梗槪
  • 蜀山人が各段の批評
  • 名優名狂言の面影、溫泉場情調
  • 『酒呑童子』の自家廣吿
  • 立花の鷹の羽の精と、葛の葉、信田妻との關係
  • 烈女の僞盲目と『松波檢校』と舞の『鎌足』
  • 百合若傳說とホーマアのオデツシー
  • 景事と題名
  • (六) 心中重井筒
  • 本文 / 419
  • 解說 / 449
  • 島の內情緖を中心とする特色ある佳作
  • 情死時日に關する異說
  • 火炙りの八百屋お七と炬燵のお房
  • 有名な重井筒の意見と繁太夫節
  • 重井筒の寫實的描寫
  • 死に墮ちて行くお房德兵衞、有情眞味の名句
  • 德兵衞の羽織落しと蒲團踏みの和事ぶり
  • 道頓堀情調とお題目の情死
  • 大阪及び大阪人の風俗描寫
  • 島の內情調のいろ[イロ]
  • 影響
  • (七) 忠兵衞 梅川冥途の飛脚
  • 本文 / 481
  • 解說 / 519
  • 事實と稱せられる各說
  • 特色を持つ人物、梅川、小春
  • 八右衞門と忠兵衞その他
  • 脚色の槪觀及び賴母節と俳優山本歌門
  • 近松獨得の名文名句大觀
  • 大阪風俗その他參考資料
  • 新町廓の風習と情調
  • 作の系統と改作物及び笑話
  • 影響、三輪の茶屋と墓所のいろ[イロ]
  • 附錄
  • コロタイプ版口繪 一、竹本播磨少掾受領祝儀の床本及び其の眞筆。
  • 二、近松門左衛門畫像の二。
  • 三、豐竹座『女鉢の木』の舞臺面

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大近松全集 : 解説註釈
著作者等 木谷 蓬吟
近松 門左衛門
書名ヨミ ダイ チカマツ ゼンシュウ : カイセツ チュウシャク
書名別名 Dai chikamatsu zenshu
巻冊次 第2巻
出版元 大近松全集刊行会
刊行年月 大正15-昭和2
ページ数 4冊
大きさ 19cm
全国書誌番号
47006083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想