俳句の考へ方と作り方

伊東月草 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 俳句とは何ぞ / 1-16
  • 俳句は自然の事象を詠むもの / 1
  • 俳句は詩である / 4
  • 俳句の表現 / 7
  • 俳句の學び方 / 13
  • 第二編 俳句の味ひ方 / 16-63
  • 其の一 古俳句の味ひ方 / 16
  • 其の二 現代俳句の味ひ方 / 46
  • 第三編 俳句の作り方 / 64-263
  • 其の一 季題 / 64
  • 俳句の生命は季感である / 64
  • 季題の意義 / 66
  • 季語から季題へ / 69
  • 季語の制定と分類 / 72
  • 春の季語 / 78
  • 夏の季語 / 81
  • 秋の季語 / 84
  • 冬の季語 / 87
  • 新年の季語 / 89
  • 人事の季語について / 91
  • 季感の擴充 / 92
  • 題詠について / 95
  • 其の二 用語と文法 / 97
  • 俳句の表現は文語を主調とする / 97
  • 俳句と文法 / 103
  • 切字 / 105
  • や / 105
  • か / 109
  • な / 110
  • かな / 110
  • も / 116
  • かも / 116
  • を / 117
  • けり / 118
  • なり / 118
  • と / 119
  • て / 121
  • で / 121
  • し / 122
  • は / 122
  • ば / 122
  • ぞ / 123
  • つゝ / 124
  • とも / 124
  • から / 125
  • にて / 125
  • ばかり / 125
  • つ / 126
  • き / 126
  • ぬ / 127
  • たり / 128
  • ながら / 128
  • 其の三 形式及調子 / 129
  • 俳句の形式及調子の由來 / 129
  • 五七五、十七字の根據 / 134
  • 俳句は二句一章 / 140
  • 俳句の音調 / 150
  • 音韻の配置 / 151
  • 字脚の配置 / 169
  • 其の四 作り方の實際 / 188
  • 春の句 / 188
  • 夏の句 / 198
  • 秋の句 / 214
  • 冬の句 / 228
  • 其の五 推敲 / 236
  • 推敲の必要 / 237
  • 推敲の實例 / 238
  • 第四編 俳句の變遷 / 264-300
  • 其の一 起原 / 264
  • 連歌から俳諧へ / 265
  • 俳諧の字義 / 273
  • 其の二 芭蕉時代 / 275
  • 芭蕉以前の發句槪觀 / 275
  • 芭蕉の擡頭 / 281
  • 蕉風の完成 / 288
  • 鬼貫 / 293
  • 芭蕉の歿後 / 296

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 俳句の考へ方と作り方
著作者等 伊東 月草
書名ヨミ ハイク ノ カンガエカタ ト ツクリカタ
書名別名 Haiku no kangaekata to tsukurikata
出版元 考へ方研究社
刊行年月 昭和2
ページ数 300p
大きさ 20cm
全国書誌番号
47016008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想