愛国心と基督教 : 旧約聖書の愛国詩人

松田明三郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖論
  • 一 愛國心の定義 / 3
  • 二 愛國心の起原及古代諸國民の間に於ける愛國心 / 3
  • 三 愛國心の發展 / 8
  • 四 愛國心と基督敎 / 9
  • 五 舊約聖書に於ける愛國心 / 13
  • 六 本書の計畫 / 22
  • 前篇 愛國的詩歌の研究
  • 第一章 デボラの歌 / 29
  • 一 ヤーウエの戰爭の記
  • 二 デボラの時代
  • 三 士師記四章の散文と五章の詩との關係
  • 四 詩の年代と著者
  • 五 詩の内容と解說
  • 六 詩の使命と意義
  • 七 詩の私譯
  • 第二章 弓の歌 / 77
  • 一 歌の作者
  • 二 弓の歌の歷史的背景
  • 三 弓の歌の地理的背景
  • 四 弓の歌の意義と敎訓
  • 五 弓の歌私譯
  • 第三章 ヤコブの祝福の歌 / 95
  • 一 著者と年代
  • 二 詩の梗槪と解釋
  • 三 他の二つの古い詩の斷片との比較
  • 四 ヘブライ古代詩の使命と意義
  • 第四章 建國の歌(モーセの歌) / 109
  • 一 モーセの歌の作者と年代
  • 二 地理的背景
  • 三 モーセの歌の梗槪
  • 四 モーセの歌私譯
  • 五 モーセの歌の意義
  • 第五章 バラムの預言 / 118
  • 一 バラム物語
  • 二 バラムの預言詩の年代と背景
  • 三 詩の私譯
  • 四 敎訓と意義
  • 第六章 詩篇にあらはれたる愛國心 / 134
  • 一 戰爭を取扱へる詩篇
  • 二 王とメシヤ歌へる詩篇
  • 後篇 愛國詩人としての預言者
  • 第七章 愛國詩人としてのアモスとホゼア / 161
  • 一 アモス書に於ける國際正義
  • 二 預言者アモスの民族愛
  • 三 愛國詩人としてのアモス
  • 四 愛の預言者ホゼア
  • 五 愛の懲罰
  • 六 懲罰の後に來るもの
  • 七 愛國詩人としてのホゼア
  • 第八章 預言者イザヤの愛國詩 / 192
  • 一 愛國詩人としてのイザヤー
  • 二 イザヤの預言詩の年代
  • 三 イザヤの愛國詩の曆史的硏究
  • 第九章 ヱレミヤ記に於ける愛國詩 / 250
  • 一 序言
  • 二 ヱレミヤ記に於ける預言詩の問題
  • 三 預言詩を通して見たるヱレミヤの一側面
  • 四 結論
  • 第十章 愛國詩人としての第二イザヤ / 279
  • 一 序言
  • 二 第二イザヤの背景
  • 三 第二イザヤの民族主義
  • 四 第二イザヤの世界主義
  • 五 民族主義と量界主義との調和
  • 六 ヤーウエの僕の歌
  • 七 結論
  • 結論 新約に於りろ愛國心
  • 第一章 主イエスの祖國愛 / 313
  • 第二章 使徒パウロの愛國心 / 327
  • むすび / 340

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 愛国心と基督教 : 旧約聖書の愛国詩人
著作者等 松田 明三郎
書名ヨミ アイコクシン ト キリストキョウ : キュウヤク セイショ ノ アイコク シジン
出版元 土肥書店
刊行年月 昭14
ページ数 342p
大きさ 19cm
NCID BA40042043
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46044591
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想