電信事業と電信法

竹越忠雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 電信事業の槪念 / 1
  • 第一章 電信事業の本質 / 1
  • 第一節 電信の意義 / 1
  • 第二節 電信事業の經營 / 7
  • 第一款 經營主體 / 7
  • 第二款 官營と民營 / 14
  • 第三款 特別會計 / 24
  • 第四款 經營組織 / 38
  • 第二章 電信事業の沿革 / 40
  • 第一節 沿革槪要 / 40
  • 第二節 法令制度 / 48
  • 第三節 設備の改善 / 54
  • 第四節 事業の將來 / 58
  • 第二編 電信法の解說 / 61
  • 總論 / 61
  • 第一章 電信法令の種類 / 61
  • 第二章 電信法の規定内容 / 68
  • 第三章 電信法の性質 / 74
  • 第四章 電信法の效力 / 82
  • 第五章 電信法令に關係ある他の法令 / 87
  • 本論 / 88
  • 第一章 電信の管掌 / 88
  • 第一節 管掌の意義 / 89
  • 第二節 私設電信 / 94
  • 第三節 公衆通信供用電信 / 108
  • 第二章 通信の停止及制限 / 115
  • 第一節 區域的停止及制限 / 115
  • 第二節 不穩通信の檢閲取締 / 118
  • 第三章 電信に關する特權 / 122
  • 第一節 職務執行に伴ふ特權 / 122
  • 第一款 宅地田畑等の通行權 / 122
  • 第二款 助力請求權 / 128
  • 第三款 通行錢の免除 / 132
  • 第二節 鐵道用地及建物の使用權 / 135
  • 第三節 專用物件に對する特權 / 139
  • 第一款 專用物件等の差押禁止 / 139
  • 第二款 專用物件の賦課免除 / 146
  • 第四節 行爲の擬制 / 154
  • 第四章 電信通信の取扱 / 159
  • 第一節 電報の配達 / 160
  • 第二節 電報の送達停止 / 168
  • 第三節 不能配達電報の處分 / 161
  • 第四節 電報取扱の制限 / 175
  • 第一款 暗號電報の査閲 / 175
  • 第二款 一般取扱の制限 / 177
  • 第五章 電信に關する料金 / 179
  • 第一節 電信の料金 / 186
  • 第二節 料金の納付方法 / 196
  • 第三節 不足料金の二倍徵收 / 199
  • 第四節 料金納付義務の消滅 / 203
  • 第五節 不納料金の徵收方法 / 211
  • 第六節 料金の還付 / 217
  • 第七節 通信の無料取扱 / 221
  • 第六章 電信に關する損害賠償及報酬 / 227
  • 第一節 取扱上の賠償無責任 / 227
  • 第二節 賠償及報酬請求權の消滅 / 237
  • 第三節 賠償及報酬の訴訟 / 239
  • 第七章 電信に關する刊罰 / 244
  • 第一節 不法施設及不法使用の罪 / 244
  • 第二節 特權拒否の罪 / 251
  • 第三節 通信秘密侵害の罪 / 256
  • 第四節 料金減脫の罪 / 264
  • 第五節 虛僞通信の罪 / 268
  • 第六節 電報の開披隱匿の罪 / 271
  • 第七節 通信取扱拒絕等の罪 / 275
  • 第八節 通信障碍の罪 / 276
  • 第九節 電線の建設維持妨害の罪 / 282
  • 第十節 未遂罪の處罪 / 288
  • 第八章 電信法の準用等 / 289
  • 第一節 公衆通信、軍事通信供用電信の準用 / 289
  • 第二節 通信信號の準用 / 290
  • 第三節 外國電信の準據規定 / 291
  • 附 電信法 / 293

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 電信事業と電信法
著作者等 竹越 忠雄
書名ヨミ デンシン ジギョウ ト デンシンホウ
書名別名 Denshin jigyo to denshinho
出版元 通信文庫
刊行年月 昭和10
ページ数 303p
大きさ 19cm
NCID BA87022094
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47010614
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想