水法論

岡田文秀 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖論 / 1
  • 前篇 現行河川法論 / 9
  • 第一章 河川の觀念及其の法律上の性質 / 9
  • 第一節 水の分類 / 9
  • 第二節 社會觀念上に於ける河川とは何か / 12
  • 第三節 河川の法律上の觀念 / 23
  • 第四節 河川の公物性 / 27
  • 第二章 河川法の對象 / 32
  • 第一節 諸國公水法の對象 / 32
  • 第二節 河川法の領域 / 38
  • 第三節 河川法適用の河川 / 40
  • 第四節 河川法準用の河川其の他の水流水面 / 46
  • 第三章 河川の限界 / 56
  • 第一節 河川の區域 / 56
  • 第二節 河川の從屬的物體 / 70
  • 第四章 河川と私權との關係 / 81
  • 第一節 統一體としての河川と私權との關係 / 81
  • 第二節 流水と私權との關係 / 93
  • 第三節 敷地と私權との關係 / 103
  • 第四節 河川の區域認定の效力 / 107
  • 第五章 河川の管理 / 118
  • 第一節 管理權の本質及主體 / 118
  • 第二節 河川法に所謂管理の意義 / 132
  • 第三節 河川の保全及改良 / 139
  • 第四節 河川臺帳及河川の管理機關 / 152
  • 第六章 河川の利用 / 160
  • 第一節 河川利用權の法律構成 / 160
  • 第二節 河川の一般使用 / 171
  • 第三節 河川の許可使用 / 181
  • 第四節 河川の特許使用 / 192
  • 第七章 河川に關する費用 / 220
  • 第一節 費用の範圍及其の負擔の原則 / 220
  • 第二節 費用負擔の特則 / 230
  • 第八章 河川の爲にする公用負擔及公用制限 / 239
  • 第九章 河川の消滅 / 245
  • 第十章 河川行政 / 256
  • 第一節 河川行政の指導原理 / 256
  • 第二節 河川行政の監督 / 259
  • 第三節 河川行政に於ける强制 / 265
  • 第四節 河川行政の救濟 / 270
  • 後篇 水法論叢 / 275
  • 第一章 河川行政の發展 / 275
  • 第一節 水法秩序に於ける國家統一の確立 / 275
  • 第二節 河川法の制定及治水政策の確立 / 280
  • 第三節 水利經濟の助長及水利統制 / 292
  • 第二章 水法問題の槪觀 / 301
  • 第一節 水法の領域 / 301
  • 第二節 治水法規の完備 / 310
  • 第三節 利水法規の完備 / 319
  • 第三章 今日の治水問題 / 333
  • 第四章 發電用水利に關する水法問題 / 342
  • 第一節 發電水力法の存在意義 / 342
  • 第二節 公營電氣事業の地位 / 350
  • 第五章 河川行政を中心とする二の權限問題 / 372
  • 第六章 河川行政の轉換と河川委員會 / 385
  • 附錄
  • 其の一(水に關する法令)
  • 第一 河川法 / 3
  • 第二 河川法支配外の河川に關する命令及例規 / 28
  • 第三 發電の爲にする河川使用に關する例規 / 37
  • 其の二(水に關する統計)
  • 第一 明治四十三年及大正十年臨時治水調査會決議 / 59
  • 第二 河川調
  • (一) 河川法適用及準用河川の數 / 63
  • (二) 河川の延長 / 65
  • (三) 全國百三十五大河川 / 67
  • 第三 明治以來國庫の治水費調 / 75
  • 第四 既定治水事業費調 / 78
  • 第五 治水調査會選擇河川現況 / 82
  • 第六 府縣經營の河川に關する事業 / 87
  • (一) 竣功せるもの / 87
  • (二) 工事中のもの / 90
  • 第七 河水に因る災害調
  • (一) 最近十箇年水害損失價額調 / 97
  • (二) 最近十箇年國庫補助災害土木費及補助額調 / 98
  • (三) 災害土木費地方債現在額調 / 101
  • 第八 發電水力理論馬力及水利使用料徵收額調 / 103

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 水法論
著作者等 岡田 文秀
書名ヨミ スイホウロン
出版元 常磐書房
刊行年月 昭和6
ページ数 394, 104p
大きさ 23cm
NCID BN05749139
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47003355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想