電気鉄道の実際と計算  下巻

河合賢次 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第十章 制動機
  • 〔一〕 摩擦係數 / 1
  • 〔二〕 粘着係數の値 / 3
  • 〔三〕 電車の車體及び車臺に於ける力の分布 / 3
  • 〔四〕 製動裝置 / 8
  • 〔五〕 製動力と製動聯悍裝置 / 29
  • 〔六〕 製動距離 / 33
  • 〔七〕 空氣壓搾機 / 35
  • 〔八〕 制動機に關する内規 / 37
  • 第十一章 電力回生
  • 〔一〕 電力回生の二部分 / 41
  • 〔二〕 機械的勢力回生 / 41
  • 〔三〕 山岳鐵道に於ける電力回生 / 42
  • 〔四〕 電力回生制動の原理 / 43
  • 〔五〕 直流方式に於ける電力回生 / 44
  • 〔六〕 單相交流式に於ける電力回生 / 49
  • 〔七〕 三相交流式に於ける電力回生 / 49
  • 第十二章 車輌
  • 第一節 車輌
  • 〔一〕 車輌 / 51
  • 〔二〕 車輌の選擇 / 52
  • 〔三〕 車臺 / 58
  • 〔四〕 車體 / 62
  • 〔五〕 軸凾及び軸承 / 67
  • 〔六〕 車輪及び車軸
  • 第二節 騷音低下方法と振動防止方法
  • 〔一〕 槪說 / 70
  • 〔二〕 騷音の原因 / 70
  • 〔三〕 防止方法 / 71
  • 〔四〕 騷音の測定法 / 74
  • 第三節 車輛に對する最近の傾向
  • 〔一〕 改良事項 / 75
  • 〔二〕 一人車 / 78
  • 〔三〕 特種設計の車輛 / 79
  • 第四節 車輛の型が電車經濟に及ぼす影響
  • 〔一〕 槪說 / 85
  • 〔二〕 車輛の型及び列車編成方法の勞賃に及ぼす影響 / 86
  • 〔三〕 速度と事業經濟との關係及び車型の速度に及ぼす影響 / 87
  • 〔四〕 車體重量の影響 / 92
  • 〔五〕 自動切符發行器 / 94
  • 第十三章 信號及び保安裝置
  • 〔一〕 列車運轉と信號 / 97
  • 〔二〕 信號機の種類と信號の定位及び反位 / 99
  • 〔四〕 地下鐵道の信號方法 / 109
  • 〔五〕 閉塞區間の長さ / 110
  • 〔六〕 接近方式 / 122
  • 〔七〕 自動閉塞信號配置法 / 125
  • 〔八〕 聯動裝置 / 132
  • 〔九〕 踏切警報裝置 / 133
  • 〔十〕 交叉街頭に於ける電氣信號 / 135
  • 第十四章 變電所
  • 〔一〕 變電所 / 144
  • 〔二〕 廻轉變流機 / 144
  • 〔三〕 廻轉變流機用變壓器 / 157
  • 〔四〕 廻轉變流機の閃絡と其防止法 / 159
  • 〔五〕 常時運轉上の注意 / 162
  • 〔六〕 廻轉變流機變電所建設費 / 163
  • 〔七〕 水銀整流器 / 164
  • 〔八〕 變電所の位置 / 177
  • 〔九〕 軌道損失 / 180
  • 〔十〕 自動變電所 / 184
  • 第十五章 無軌道電車
  • 〔一〕 理想的な都市交通機關 / 198
  • 〔二〕 無軌道電車の再現 / 200
  • 〔三〕 各種交通機關の有する長所 / 201
  • 〔四〕 交通機關の種類と交通密度 / 205
  • 〔五〕 架空線 / 207
  • 〔六〕 速度時曲線並に消費電力 / 212
  • 第十六章 計算と問題
  • 〔一〕 電車の計算 / 219
  • 〔二〕 問題 / 233
  • 〔三〕 手働變電所仕樣書例 / 243

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 電気鉄道の実際と計算
著作者等 河合 賢次
書名ヨミ デンキ テツドウ ノ ジッサイ ト ケイサン
書名別名 Denki tetsudo no jissai to keisan
巻冊次 下巻
出版元 工業雑誌社
刊行年月 昭和5-6
ページ数 2冊
大きさ 25cm
NCID BA62085527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47010030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想