万葉びとの奈良

上野誠 著

整然たる条坊。壮大な宮城。寺院や仏像。国際都市として、のびやかな天平文化、やまと初の「みやび」をはぐくんだ平城京が、奈良という土地の基層にいまも生きている。道や庭、万葉集や正倉院御物を手がかりに、ミカドから庶民までの仕事と恋と日常をありありと甦らせる。万葉学者が独自の視点で日本の源流に案内する、かつてない奈良論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「ミチ」「ミヤ」「ミヤコ」
  • 第2章 奈良に都がやって来た!
  • 第3章 「奈良びと」の誕生
  • 第4章 「ミヤコ」と「ヒナ」の感覚
  • 第5章 半官半農の貴族たち、官人たち
  • 第6章 女性・労働・地方
  • 第7章 平城京の庭を覗く
  • 第8章 渡来の僧・鑑真物語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 万葉びとの奈良
著作者等 上野 誠
書名ヨミ マンヨウビト ノ ナラ
書名別名 Man'yobito no nara
シリーズ名 万葉集
新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2010.3
ページ数 211p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603655-2
NCID BB01564170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21740247
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想