少年幕末に於ける北地探検

針生宗伯 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 北邊の危機 / 1
  • 〔一〕 黑船現はる / 1
  • 〔二〕 露西亞のシベリヤ侵略 / 8
  • 〔三〕 千島侵略 / 10
  • 〔四〕 ロシヤ南侵の警告 / 17
  • 〔五〕 工藤平助の對露策 / 22
  • 〔六〕 林子平の海防論 / 26
  • 〔七〕 本多利明の先見 / 44
  • 第二篇 最上德内の探檢 / 48
  • 〔一〕 德川幕府の蝦夷地調査 / 48
  • 〔二〕 最上德内の少靑年時代 / 53
  • 〔三〕 千島の調査 / 59
  • 〔四〕 擇捉島、得撫島の踏査 / 62
  • 〔五〕 蝦夷地調査の中止 / 66
  • 〔六〕 蝦夷の叛亂 / 70
  • 〔七〕 蝦夷の救濟交易 / 74
  • 〔八〕 露國使節ラツクスマン來る / 82
  • 〔九〕 漂民幸太夫 / 83
  • 〔一〇〕 幕府の處置 / 92
  • 〔一一〕 最上德内の功績 / 101
  • 第三篇 近藤重藏の探檢 / 105
  • 〔一〕 近藤重藏の人物 / 105
  • 〔二〕 蝦夷地調査 / 108
  • 〔三〕 高田屋嘉兵衞を用ふ / 113
  • 〔四〕 擇捉島の開發 / 121
  • 〔五〕 千島騷動 / 125
  • 〔六〕 石狩平野の探險 / 132
  • 〔七〕 不遇の晚年 / 135
  • 第四篇 松田傳十郞の探檢 / 138
  • 〔一〕 樺太は島か半島か / 138
  • 〔二〕 厚岸番所詰となる / 142
  • 〔三〕 有珠の善光寺 / 151
  • 〔四〕 ユトロフで難船 / 154
  • 〔五〕 露人の暴行 / 158
  • 〔六〕 樺太奧地見分 / 169
  • 〔七〕 東西に分れて進む / 173
  • 〔八〕 遂に樺太の離島なるを確む / 176
  • 〔九〕 前後二十四年の探檢生活 / 182
  • 第五篇 間宮林藏の探檢 / 187
  • 〔一〕 世界地圖に記された間宮海峽 / 187
  • 〔二〕 カラフトの由來 / 199
  • 〔三〕 偉第なる探檢家の生立ち / 203
  • 〔四〕 第一回の樺太探檢 / 213
  • 〔五〕 第二回の樺太探檢 / 241

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 少年幕末に於ける北地探検
著作者等 針生 宗伯
書名ヨミ ショウネン バクマツ ニ オケル ホクチ タンケン
書名別名 Shonen bakumatsu ni okeru hokuchi tanken
出版元 大同館書店
刊行年月 昭和9
ページ数 250p
大きさ 20cm
NCID BN1449943X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47005604
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想