海商法研究  第3巻

小町谷操三 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 船舶所有者の責任の史的變遷 / 1
  • 第一章 羅馬法に於ける船舶所有者の責任 / 2
  • 第一節 總論 / 2
  • 第二節 船長の法律行爲に對する船舶所有者の責任(船主訴權) / 8
  • 第一款 代理と船主訴權との關係 / 8
  • 第二款 船主訴權の要件 / 12
  • 第三款 海上貸借 / 28
  • 第三節 窃盜訴權、物的不法行爲訴權及び受領訴權 / 33
  • 第一款 總論 / 33
  • 第二款 窃盜訴權及び物的不法行爲訴權 / 35
  • 第三款 受領訴權 / 37
  • 第四節 共同海損 / 40
  • 第五節 結論 / 45
  • 第二章 中世に於ける船舶所有者の責任 / 50
  • 第一節 ラテン系諸國 / 50
  • 第一款 東ローマ帝國 / 51
  • 第二款 地中海沿岸諸國 / 56
  • 第一項 總論 / 56
  • 第二項 組合關係 / 61
  • 第三項 船長の法律行爲と船舶所有者の責任 / 70
  • 第四項 船員の不法行爲と船舶所有者の責任 / 78
  • 第五項 海損と船舶所有者の責任 / 82
  • 第三款 船舶所有者の責任の態樣 / 85
  • 第二節 ゲルマン系諸國 / 86
  • 第一款 總論 / 86
  • 第二款 組合關係 / 90
  • 第三款 船長の法律行爲と船舶所有者の責任 / 93
  • 第四款 船員の不法行爲と船舶所有者の責任 / 103
  • 第一項 運送品に對する船舶所有者の責任 / 104
  • 第二項 衝突と船舶所有者の責任 / 107
  • 第五款 海損と船舶所有者の責任 / 111
  • 第六款 船舶所有者の責任の態樣 / 114
  • 第三章 近世に於ける船舶所有者の責任 / 115
  • 緖言 / 115
  • 第一節 近世前期(第十六・七世紀) / 116
  • 第一款 總論 / 116
  • 第二款 ラテン系地方 / 119
  • 第三款 ゲルマン系地方 / 125
  • 第一項 總論 / 125
  • 第二項 船長の法律行爲と船舶所有者の責任 / 127
  • 第三項 船員の不法行爲と船舶所有者の責任 / 150
  • 第四項 共同海損と船舶所有者の責任 / 158
  • 結言 / 160
  • 第二節 近世後期(第十八・九世紀) / 161
  • 第一款 ラテン系地方 / 161
  • 第一項 佛蘭西 / 161
  • 第二項 佛蘭西以外のラテン系地方 / 179
  • 第三項 船舶所有者の責任の態樣 / 180
  • 第二款 ゲルマン系地方 / 181
  • 第一項 獨逸普通商法發布以前 / 182
  • 第二項 獨逸普通商法發布以後 / 201
  • 結言 / 213
  • 第四章 英米法に於ける船舶所有者の責任 / 221
  • 第一節 英國法 / 221
  • 第一款 第十六・七世紀 / 222
  • 第一項 總論 / 222
  • 第二項 船長の法律行爲と船舶所有者の責任 / 224
  • 第三項 船員の不法行爲と船舶所有者の責任 / 230
  • 第四項 共同海損と船舶所有者の責任 / 235
  • 第五項 海難救助と船舶所有者の責任 / 237
  • 第二款 第十八世紀以後 / 238
  • 第一項 總論 / 238
  • 第二項 船長の法律行爲と船舶所有者の責任 / 239
  • 第三項 船員の不法行爲と船舶所有者の責任 / 247
  • 第四項 共同海損と船舶所有者の責任 / 261
  • 第五項 海難救助と船舶所有者の責任 / 263
  • 第二節 米國法 / 265
  • 第一款 總說 / 265
  • 第二款 船舶所有者有限責任法による船舶所有者の責任 / 266
  • 第三款 ハーター・アクトによる船舶所有者の責任 / 273
  • 第五章 現代に於ける船舶所有者の責任 / 280
  • 第一節 四主義の對立 / 280
  • 第二節 船舶所有者有限責任法の統一 / 289
  • 第一款 速成主義時代 / 290
  • 第二款 國際海法會議時代 / 292
  • 第三款 國際外交會議時代 / 312
  • 第四款 統一條約案成立時代 / 324
  • 第五款 人的損害に對する船舶所有者有限責任法の統一 / 326
  • 第六款 統一條約案の價値 / 333
  • 第三節 船舶所有者有限責任の根據 / 341
  • 船舶所有者有限責任條約案の硏究 / 379
  • 緖論 / 380
  • 第一章 船舶所有者有限責任條約案の適用範圍 / 391
  • 第二章 船舶所有者が有限責任を主張しうる場合 / 399
  • 第一節 總說 / 400
  • 第二節 物的損害に對する有限責任 / 404
  • 第三節 人的損害に對する有限責任 / 435
  • 第三章 船舶所有者が有限責任を主張し得ざる場合 / 444
  • 第四章 船舶所有者の責任限度 / 451
  • 第一節 總說 / 451
  • 第二節 責任限度額算出の標準 / 457
  • 第三節 債權者相互の關係 / 488
  • 第五章 差押及び假差押に關する特則 / 496
  • 第一節 總說 / 496
  • 第二節 擔保の共通 / 499
  • 第三節 執行の猶豫 / 510
  • 船舶所有者の公法上の責任と免責委付 / 515
  • 船客强制保險に就て / 529
  • 和船航海に就て / 551
  • 第一節 北海道と本州との通商 / 551
  • 第二節 和船の組織 / 555
  • 第一款 船主 / 555
  • 第二款 船員 / 557
  • 第一項 船頭 / 562
  • 第二項 知工 / 565
  • 第三項 表 / 566
  • 第四項 親父 / 566
  • 第五項 若者 / 567
  • 第三節 運送契約 / 567
  • 第一款 物品運送 / 567
  • 第二款 旅客運送 / 569
  • 第四節 海損 / 569
  • 第五節 海難救助 / 570
  • 第六節 海上保險 / 571
  • 條文索引 / 573
  • 事項索引 / 585

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 海商法研究
著作者等 小町谷 操三
書名ヨミ カイショウホウ ケンキュウ
巻冊次 第3巻
出版元 有斐閣
刊行年月 昭和6-8
ページ数 4冊
大きさ 23cm
全国書誌番号
46088987
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想