室生犀星全集  巻12

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 俳諧襍藁
  • 芭蕉論
  • 一 新人芭蕉 / 3
  • 二 路通と芭蕉 / 10
  • 三 小說道の芭蕉 / 19
  • 四 嗤笑 / 28
  • 五 芭蕉庵 / 31
  • 六 元祿の大作家 / 33
  • 七 金澤行脚と生駒萬子「奥の細道」一考 / 63
  • 八 芭蕉と詩について / 76
  • 九 芭蕉句解 / 78
  • 十 芭蕉と利久一 / 126
  • 十一 芭蕉と利久二 / 128
  • 十二 眞贋の道 / 130
  • 蕉門の人々
  • 一 凡兆論 / 137
  • 二 北枝の家 / 145
  • 三 丈草と去來 / 155
  • 四 嵐雪 / 167
  • 五 枯木の美 / 172
  • 六 骨格 / 173
  • 七 淸閑 / 174
  • 八 漱石の發句 / 176
  • 句解
  • 一 春の句抄 / 181
  • 二 再び凡兆について / 194
  • 三 丈草の句について / 202
  • 四 北枝の發句 / 206
  • 五 一茶の發句 / 208
  • 六 夜半翁 / 215
  • 七 千代尼 / 218
  • 八 凉扇句抄 / 220
  • 九 水扇 / 224
  • 十 はるさめ草 / 231
  • 俳道襍記
  • 一 發句道の人々 / 237
  • 二 子規は生きてゐる / 256
  • 三 發句道襍記 / 273
  • 四 發句 / 287
  • 五 靜さ / 289
  • 六 俳道 / 290
  • 七 詩と發句について / 294
  • 八 遺傳的孤獨 / 295
  • 九 花鎭 / 296
  • 十 韮の羹 / 297
  • 十一 餓人の發句 / 301
  • 十二 正月趣味 / 303
  • 十三 短册揮毫 / 308
  • 十四 蟹の學問 / 309
  • 十五 「澄江堂句集」を評す / 311
  • 十六 句集「道芝」を評す / 313
  • 十七 「井月全集」を讀む / 316
  • 發句論
  • 一 新俳學の王道 / 323
  • 二 俳句は老人文學ではない / 332
  • 三 發句道の新人 / 344
  • 四 金色の女體 / 346
  • 五 俳句草々 / 349
  • 六 季題について / 355
  • 七 俳句と文壇 / 358
  • 竹瀝雜談
  • 一 年頭の感 / 373
  • 二 歲旦 / 375
  • 三 松の内 / 379
  • 四 雛の日 / 381
  • 五 曆 / 383
  • 六 郷土風土記 / 402
  • 七 惡食民 / 408
  • 八 故郷の町 / 415
  • 九 いと古き日本の正月 / 420
  • 十 食物考 / 423
  • 十一 名人 / 426
  • 十二 絣 / 428
  • 十三 洋燈の歌 / 430
  • 十四 日本人と技術 / 432
  • 十五 机 / 435
  • 十六 芭蕉の蛙 / 440
  • 十七 明窓淨机 / 443
  • 十八 風流商賣 / 444
  • 十九 作家と書物 / 447
  • 二十 黄伊羅保 / 451
  • 二一 剪燈記 / 452
  • 二二 祖先の譽 / 456
  • 二三 淺春小品 / 458
  • 二四 下手物と古材 / 466
  • 二五 竹瀝雜談 / 480
  • 犀星發句集

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 室生犀星全集
著作者等 室生 犀星
書名ヨミ ムロオ サイセイ ゼンシュウ
書名別名 Muroo saisei zenshu
巻冊次 巻12
出版元 非凡閣
刊行年月 昭12
ページ数 594p
大きさ 20cm
全国書誌番号
46074315
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想