牛門漫筆 : 名高い人と私

松波閑 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前書き / 1
  • 二人の文士 / 5
  • 夏目漱石と私 / 7
  • 小山內薰と私 / 13
  • 兩將軍 / 23
  • 乃木將軍と私 / 25
  • 東鄕元帥と私 / 31
  • 旗艦敷島の元帥訪問 / 35
  • 拙宅に寬ろがれる元帥 / 40
  • ふたりのレデー / 57
  • 九條武子と私 / 61
  • 武子さんとの初對面 / 63
  • 武子さんの御臨終 / 66
  • 武子さんと私の娘 / 70
  • 松平佐登子と私 / 73
  • (附)新島八重子と私 / 82
  • ふたりの藝女 / 89
  • 新橋の喜代次と私 / 93
  • 岩井久米八と私 / 103
  • 二大偉人(明治維新の) / 110
  • 德川慶喜公と私 / 112
  • 私の母の慶喜公觀 / 112
  • 慶喜公との面會 / 114
  • 慶喜公と面會後 / 118
  • 津田出と私 / 130
  • 津田と陸奧宗光 / 134
  • 津田の婿と陸奧の古長屋 / 137
  • 津田の娘と原敬 / 140
  • 二高僧と私 / 152
  • 智恩院大僧正と私 / 159
  • 成田不動の石川照勤師と私 / 169
  • 若松屋主人との問答 / 173
  • 成田門跡との面會 / 179
  • 石川君との露都入り / 187
  • (附)淨光寺の坊さんと私 / 197
  • 淨光寺を書く理由 / 199
  • 淨光寺へ行つたとき / 206
  • 學校の夏休み / 217
  • 小學校時代の夏休み / 222
  • 中學時代の夏休み / 223
  • 大學時代の夏休み / 230
  • 夏休みに對する寸告 / 236
  • 飛行機の初乘り / 239
  • 西洋人と日本人の初乘り / 239
  • 藝術家の初乘り / 248
  • 私の初乘り / 257
  • 初乘り記の追錄 / 264
  • 犬養內閣員の今昔 / 277
  • 齋藤內閣員と岡田內閣員 / 278
  • 犬養內閣員の昔 / 283
  • 總理大臣犬養毅 / 289
  • 內務大臣中橋德五郞 / 294
  • 文部大臣鳩山一郞 / 297
  • 陸軍大臣荒木貞夫 / 301
  • 海軍大臣大角岑生 / 304
  • 鐵道大臣床次竹二郞 / 306
  • 司法大臣鈴木喜三郞 / 308
  • 結言 / 311
  • 犬養內閣員の今 / 313
  • 口語體はラクダ / 313
  • 犬養毅 / 327
  • 芳澤謙吉 / 334
  • 鈴木喜三郞 / 337
  • 鳩山一郞 / 342
  • 三土忠造 / 353
  • 荒木貞夫 / 356
  • 大臣後の大學敎授 / 360
  • 床次竹二郞 / 370
  • 大角岑生 / 373
  • 跋 / 377

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 牛門漫筆 : 名高い人と私
著作者等 松波 仁一郎
松波 閑
書名ヨミ ギュウモン マンピツ : ナダカイ ヒト ト ワタクシ
書名別名 Gyumon manpitsu
出版元 日本評論社
刊行年月 昭和10
ページ数 378p
大きさ 20cm
NCID BN11932785
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46081746
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想