民法の基本問題  第5 (契約の本質に関する若干の考察)

牧野英一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 契約における自由と統制 / 1
  • 第一節 契約の危機 / 1
  • 一 自由法論と反自由法論 / 1
  • 二 田中敎授の反自由法的商法論 / 6
  • 三 ジョッスランの自由法的統制契約論 / 13
  • 第二節 法律關係の定型化 / 17
  • 一 法律關係とその定型化 / 17
  • 二 定型性における技術性と信義則 / 20
  • 三 手形法における若干の理論 / 23
  • 四 手形法における若干の判例 / 27
  • 第三節 任意的契約法から强行的契約法へ / 31
  • 一 定型化における五種の法律現象 / 31
  • 二 任意法と强行法との關係 / 37
  • 第四節 任意法の制度的性質 / 42
  • 一 解釋規定と補充規定との區別 / 43
  • 二 ドイツ民法第三一四條 / 44
  • 三 解釋規定及び補充的規定の性質 / 48
  • 四 解釋規定と補充規定との差異の否定 / 50
  • 五 任意法と法律關係の內容の本則 / 54
  • 六 任意法における法律の解釋と法律行爲の解釋 / 56
  • 第五節 法律行爲の解釋 / 59
  • 一 法律行爲の解釋と普通取引條款 / 59
  • 二 法律行爲の解釋と條理 / 61
  • 三 法律行爲の解釋とフランス民法及びドイツ民法 / 64
  • 四 法律の解釋と法律行爲の解釋 / 69
  • 五 法律行爲の解釋と事物の合理性 / 74
  • 第六節 常例文句 / 77
  • 一 常例文句における二種の性質 / 77
  • 二 借地契約の解釋と判例 / 79
  • 三 身元保證契約の解釋と判例 / 86
  • 第七節 普通取引條款 / 96
  • 一 契約締結の强制(末川博士) / 96
  • 二 普通取引條款とその解釋(田中敎授) / 101
  • 三 普通取引條款における契約の推移(田中敎授) / 109
  • 四 普通取引條款と『企業それ自體』の原理(米谷敎授) / 115
  • 五 普通取引條款の解釋の中間性(石井敎授) / 123
  • 六 普通取引條款の性質としての『業法』(村井敎授) / 135
  • 第八節 契約における進化 / 138
  • 一 普通取引條款における轉囘現象 / 138
  • 二 普通取引條款と信義則 / 141
  • 三 法律としての契約の性質 / 142
  • 第二章 契約理論の客觀化 / 146
  • 第一節 最近の國際會議と契約理論 / 146
  • 一 法律國際週間と第二囘比較法國際會議 / 146
  • 二 解釋に因る法律行爲の客觀化及び合理化 / 149
  • 三 法律行爲の解釋も亦無限なり / 154
  • 第二節 自由契約論と統制契約論 / 156
  • 一 現代の契約における新事相 / 156
  • 二 六種の契約現象 / 159
  • 三 契約の統制化 / 165
  • 第三節 契約の客觀化と國家理念の展開 / 166
  • 一 新現象に對する新槪念の構成 / 166
  • 二 契約の進化と國家理念 / 170
  • 三 契約の國家的統制における技術 / 173
  • 第三章 契約槪念の變遷と還元 / 178
  • 第一節 契約の自由と民族協同體 / 178
  • 一 フランス法とドイツ法との比較 / 178
  • 二 全法律體系における契約の地位 / 180
  • 三 契約における變遷と還元 / 181
  • 四 契約と民族的秩序 / 183
  • 五 法律的交通と人的法律關係 / 189
  • 第二節 ラレンツとストール / 194
  • 一 民族的秩序の形成方法としての契約(ラレンツ) / 194
  • 二 契約の解釋の任務(ストール) / 198
  • 第三節 國家生活における私法の社會的意義 / 202
  • 一 ドイツの新契約論と自由法 / 202
  • 二 個人的創意の國家的社會的價値 / 204
  • 三 發展と還元と進化的解釋 / 206
  • 第四章 契約における公法と私法との交錯 / 209
  • 第一節 契約の公法化 / 209
  • 一 所有權及び契約のエネルギー論的進化 / 209
  • 二 公法化の六種の事相 / 212
  • 三 契約締結の方法における變遷 / 214
  • 四 法律行爲の形式化及び契約における條項の設定 / 218
  • 五 契約の內容と當事者の意思 / 220
  • 六 契約の效力と第三者 / 222
  • 七 契約の繼續と安定 / 225
  • 第二節 契約の客觀化と民事責任の客觀化 / 227
  • 一 責任の客觀化と新社會的法律的秩序 / 227
  • 二 責任理論の發達 / 229
  • 三 正義の新觀念 / 232
  • 第三節 契約に對する裁判官の改訂權 / 234
  • 一 裁判官に依る契約の形成 / 234
  • 二 信義則の運用 / 236
  • 三 形成的司法處分 / 238
  • 四 契約形成の世界法的性質 / 240
  • 第五章 裁判官に依る契約の改訂 / 242
  • 第一節 事情變更の原則 / 242
  • 一 わが民法と法律行爲の解釋 / 242
  • 二 調停と事情變更の原則 / 247
  • 三 事情變更の原則とドイツ及びフランス / 250
  • 第二節 事情變更の原則とドイツの事例 / 254
  • 一 ドイツ民法の二つの規定 / 254
  • 二 大戰後のインフレーションと判例 / 256
  • 三 一九三〇年以後の經濟危機と判例 / 260
  • 四 高利關係に關する判例 / 262
  • 五 新ドイツと將來の債權法 / 265
  • 六 危險負擔と信義則、契約の解釋とその改訂 / 269
  • 第三節 スイス、ハンガリヤ及びポーランドの事例 / 271
  • 一 スイスの判例 / 271
  • 二 ハンガリヤ及びポーランドにおける新規定 / 273
  • 第四節 フランスの判例と學說 / 276
  • 一 民事判例と例外立法 / 276
  • 二 行政判例 / 284
  • 三 信義則に對するフランスの解釋とドイツの解釋 / 286
  • 四 信義則と私法及び公法 / 291
  • 第五節 イタリヤの事例 / 293
  • 一 解釋論 / 293
  • 二 立法論 / 294
  • 第六節 契約槪念の比較法的情勢 / 296
  • 一 事情變更の原則と國家理念の發展 / 296
  • 二 契約と全法律秩序 / 298
  • 三 契約の解釋、信義則、裁判官に對する信賴 / 302
  • 第六章 契約槪念の展開 / 305
  • 第一節 契約と法律との同一性 / 305
  • 一 契約と法律との關係の轉囘 / 305
  • 二 契約と公序良俗の原則との關係 / 307
  • 三 法律の解釋と法律行爲の解釋 / 311
  • 第二節 『契約槪念の進化』(ディコフ) / 314
  • 一 國家と契約との先後關係 / 314
  • 二 契約と國民協同體 / 317
  • 三 契約と信賴關係 / 319
  • 四 契約と動的普遍主義 / 324
  • 第三節 契約槪念の轉囘とその理念 / 325
  • 一 國家と契約との關係における現實と理念 / 325
  • 二 契約に對する國家の寬容 / 328
  • 三 統制政策と契約自由との交錯 / 330
  • 第七章 契約と信義則と判例法 / 334
  • 第一節 明治末期の判例と立法 / 334
  • 一 信義則及び調停制と大正期 / 334
  • 二 明治期の二つの判例 / 338
  • 三 三種の新立法 / 346
  • 第二節 大正前期の判例 / 353
  • 一 大正前期の好況時代 / 353
  • 二 婚姻の豫約に關する判例 / 354
  • 三 身元保證に關する判例 / 358
  • 第三節 借地借家關係と判例 / 366
  • 一 下級審の判例 / 366
  • 二 大審院の判例 / 372
  • 第四節 右の判例に對する考察(一) / 379
  • 一 全融か勤勞かの岐路 / 379
  • 二 賃貸借と信義則 / 383
  • 第五節 右の判例に對する考察(二) / 390
  • 一 土地賃貸借とその期間 / 390
  • 二 借地關係乃至耕作關係 / 396
  • 第六節 二種の民事判例 / 398
  • 一 老舖權事件 / 399
  • 二 權利の觀念の定立 / 401
  • 三 老舖權事件に對する判例 / 404
  • 四 老舖關係と信義則 / 407

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 民法の基本問題
著作者等 牧野 英一
書名ヨミ ミンポウ ノ キホン モンダイ
巻冊次 第5 (契約の本質に関する若干の考察)
出版元 有斐閣
刊行年月 昭和16
版表示 3版
ページ数 544, 5p
大きさ 22cm
NCID BA39502044
BN01655077
BN1190435X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46043149
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想