大学論 : いかに教え、いかに学ぶか

大塚英志 著

いま、大学でいかに学ぶのか。大学全入時代だからこそ改めて問う体験的エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 二年目の儀式
  • ぼくは大学でいかに学んだか
  • 何故「描く方法」を教えるのか
  • つくり方を「つくる」ということ
  • まんがはいかにして映画になろうとしたのか
  • ルパンの背中にはカメラのついたゴム紐が結んである
  • 日本映画学校と十五年戦争下のカリキュラム
  • 一瞬の夏
  • ジャンルを「翻訳」するということ
  • 高校でまんがを教える
  • AO入試は下流なのか
  • 千葉徳爾とぼくの「自学」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学論 : いかに教え、いかに学ぶか
著作者等 大塚 英志
書名ヨミ ダイガクロン : イカニ オシエ イカニ マナブカ
書名別名 Daigakuron
シリーズ名 講談社現代新書 2043
出版元 講談社
刊行年月 2010.3
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288043-5
NCID BB01506505
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21736695
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想