雑木の花 : 歌集

掛場すゑ 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 昭和二年
  • ふるさと / 1
  • 追憶 / 4
  • 杜の家 / 7
  • 田澤湖 / 11
  • 昭和三年
  • 宵月 / 15
  • 冠岳山 / 16
  • 芒野 / 17
  • 三寒 / 20
  • とむらひ / 23
  • 連翹 / 25
  • 京城中學の櫻 / 27
  • 厨邊朝夕 / 30
  • 花粉 / 33
  • ぬれ髮 / 36
  • 靑葉の頃 / 37
  • 昌德宮秘苑 / 39
  • 始興に遊ぶ / 43
  • 從弟逝く / 45
  • 北門外 / 49
  • 昭和四年
  • 分身 / 51
  • 京城驛にて / 53
  • 雪しづれ / 54
  • 春近く / 56
  • 白花 / 57
  • 星空 / 62
  • 安養遊草 / 63
  • 昭和五年
  • かげらふ / 67
  • 碧蹄館 / 69
  • 金剛山 / 71
  • 內金剛 / 75
  • 梅雨の頃 / 82
  • 悲しめる子 / 84
  • ゆめ / 88
  • 江原道春川行 / 89
  • 寂しき心 / 96
  • 昭和六年
  • 向つ丘 / 101
  • 或る集りにて / 103
  • しやぼんの匂ひ / 107
  • 流感 / 109
  • 北海道へ / 113
  • 神居村 / 121
  • 層雲峽 / 126
  • 車窓 / 131
  • 竹の林 / 133
  • 挽歌 / 139
  • 亡きあとを訪ねて / 141
  • 昭和七年
  • 漢江通 / 145
  • 出征軍を送る / 147
  • 滿洲事變 / 149
  • 孝子洞移居 / 150
  • 臥床 / 154
  • 月かげ / 156
  • 杜 / 158
  • 日盛 / 163
  • 眠られぬ夜 / 165
  • 盂蘭盆 / 168
  • 月尾島キヤンピング / 170
  • 月波亭吟行 / 175
  • 秋すでに至る / 178
  • 普通學校運動會 / 181
  • 或會合にて / 185
  • 秋ふかし / 188
  • いちはつの葉 / 189
  • 大盡日 / 193
  • 昭和八年
  • 元旦 / 195
  • 髮 / 202
  • 不眠症 / 203
  • 思ふ事のありて / 207
  • ブラジルなる友を / 208
  • 春近く / 211
  • 東九陵遊艸 / 212
  • 仁川芍藥島 / 218
  • 友が爲に / 222
  • 二日の旅 / 226
  • 樂浪古墳 / 228
  • 牡丹臺 / 234
  • 安東 / 236
  • 病臥旬日 / 244
  • 籠居 / 247
  • 再び北海道への旅 / 250
  • 秋田白岩村 / 254
  • 叔父を訪ふ / 266
  • 水戶偕樂園 / 273
  • 昭和九年
  • 雜木の花 / 279
  • 神武門 / 282
  • なが梅雨 / 286
  • ひとを識る / 289
  • 朝の灯かげ / 291
  • 三越屋上庭園 / 294
  • 澄子永眠 / 296
  • 鉢の櫻草 / 298
  • 昭和十年
  • 溫陽溫泉 / 303
  • 死にゆく妹 / 309
  • 初七日 / 315
  • 月の輪 / 317
  • 末子就學 / 323
  • 微熱 / 324
  • 德壽宮 / 326
  • 靑巖寺 / 327
  • 月見草 / 331
  • 七夕まつり / 333
  • 疑念 / 334
  • 自省 / 336
  • 跋文
  • 卷末記

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 雑木の花 : 歌集
著作者等 掛場 すゑ
書名ヨミ ゾウキ ノ ハナ : カシュウ
シリーズ名 ポトナム叢書 ; 第23編
出版元 ポトナム社
刊行年月 昭11
ページ数 338, 10p
大きさ 20cm
NCID BA39242293
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46073121
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想