活動写真の知識

小路玉一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 吾輩は活動寫眞である
  • 第一章 活動寫眞と人生
  • 一 社會に於ける勢力(吾輩は今や世界を壓倒せん) / 2
  • 二 社會的勢力の根元(何故吾輩は斯く勢力を得るか) / 13
  • 三 社會への影響(人の生活を動す吾輩の力) / 22
  • 四 活動寫眞の使命(吾輩は何の爲に世に出たか) / 30
  • 第二章 科學から見た活動寫眞
  • 一 活動寫眞の原理(どう云ふ譯で映つたのが動くか) / 40
  • 二 フイルムの正體と其製法(フイルム君の身許調べ) / 54
  • 三 撮影、現像、仕上げの作業(映畫になつて世に出るまで) / 67
  • 四 銀粒子の變化(映る畫面は銀粉の影) / 81
  • 第三章 活動寫眞の機械
  • 一 機械の構造と其要點(どうしてあんな藝當をさせるか) / 92
  • 二 撮影機(撮影の祕密を語る機械の打開話) / 103
  • 三 フイルム燒着器(暗闇を通りつゝ思ひ出す事ども) / 118
  • 四 映寫機(映寫機も隨分澤山の種類がある) / 127
  • 五 素人用の諸機械と其取扱法(吾輩の味方は一般の方々) / 139
  • 第四章 科學の進步と活動寫眞
  • 一 色彩映畫と其方法(着色から天然色まで) / 152
  • 二 發聲の原理と各種の硏究(お話する事も出來る) / 168
  • 三 立體活動寫眞(幕から飛び出す事もある) / 177
  • 四 漫畫、線畫の話(作り方から其變遷) / 183
  • 五 X光線や顯微鏡を利用(不思議な吾輩の目の威力) / 191
  • 六 時間の延長と縮少が出來る(高速度、微速度の話) / 202
  • 七 無線放送の硏究(吾輩とラヂオとの握手) / 211
  • 第五章 活動寫眞界の實狀
  • 一 映畫劇製作と脚本の書方(事情あつて脚本がないとは) / 218
  • 二 劇映畫撮影の狀態(映畫脚本の思出話) / 229
  • 三 トリック(活動寫僞と云はれても仕方がない) / 241
  • 四 撮影場の話(謎の宮殿撮影場のこと) / 251
  • 五 動物撮影の話(吾輩が上手に使ふ動物) / 261
  • 六 配給と興行及び觀方(諸氏と對面する事に就いて) / 266
  • 第六章 活動寫眞の歷史と内外の發達
  • 一 活動寫眞の祖先(尋ねる吾輩の祖先) / 278
  • 二 活動寫眞の發明(吾輩の誕生に就いて) / 293
  • 附、活動寫眞歷史年表 / 300
  • 三 映畫の發達(成長して來た吾輩) / 303
  • 四 日本へ渡來と初期の興行(懷かしい大和魂の國へ) / 310
  • 五 日本に於ける發達(成長して來た吾輩) / 323
  • 六 業者及會社の發達(面白い物語もある) / 335
  • 七 敎育、宣傳其他の利用に就いて(吾輩の働きの色々) / 345
  • 八 社會の活動寫眞(世の人と吾輩) / 358

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 活動写真の知識
著作者等 小路 玉一
書名ヨミ カツドウ シャシン ノ チシキ
書名別名 Katsudo shashin no chishiki
出版元 誠文堂書店
刊行年月 昭和2
ページ数 365, 6p
大きさ 22cm
NCID BN11262117
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46084139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想