東洋美術史

一氏義良 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前篇
  • 序說 / 1
  • 第一章 東洋美術の槪觀 / 7
  • 第二章 黃河流域最初の造型 / 18
  • 第三章 周代の銅・玉器文化 / 29
  • 第四章 漢代美術の發達(上)(文化槪說) / 38
  • 第五章 漢代美術の發達(中)(建築、繪畫、彫刻) / 48
  • 第六章 漢代美術の發達(下)(工藝と樂浪發掘品) / 57
  • 第七章 佛敎美術の發程(上)(インド美術の發端) / 71
  • 第八章 佛敎美術の發程(中)(佛敎の建築と彫刻) / 80
  • 第九章 佛敎美術の發程(下)(ガンダーラ美術とアジヤンター窟院) / 88
  • 第十章 支那佛敎美術の全盛(一)(六朝文化の槪說) / 100
  • 第十一章 支那佛敎美術の全盛(二)(兩晋時代) / 111
  • 第十二章 支那佛敎美術の全盛(三)(南北朝時代) / 120
  • 第十三章 支那佛敎美術の全盛(四)(隋時代) / 134
  • 第十四章 唐代の美術とその世界的高調(一)(唐代の文化と美術) / 139
  • 第十五章 唐代の美術とその世界的高調(二)(唐代の繪畫) / 152
  • 第十六章 唐代の美術とその世界的高調(三)(五代の美術) / 161
  • 第十七章 支那美術の近代的發展(一)(宋代の文化と美術) / 168
  • 第十八章 支那美術の近代的發展(二)(宋代の繪畫) / 178
  • 第十九章 支那美術の近代的發展(三)(元代の文化と美術) / 189
  • 第二十章 明・淸美術の槪觀(一)(明代の文化と美術) / 199
  • 第二十一章 明・淸美術の槪觀(二)(明代の繪畫) / 212
  • 第二十二章 明・淸美術の槪觀(三)(淸代の文化と美術) / 220
  • 第二十三章 明・淸美術の槪觀(四)(淸代の繪畫) / 233
  • 第二十四章 古代朝鮮と高勾麗時代美術 / 241
  • 第二十五章 新羅時代美術(上)(古新羅美術) / 255
  • 第二十六章 新羅時代美術(下)(新羅美術の全盛期) / 267
  • 第二十七章 高麗時代美術 / 277
  • 第二十八章 朝鮮李朝美術(上)(文化と建築) / 291
  • 第二十九章 朝鮮李朝美術(下)(工藝と繪畫) / 305
  • 後篇
  • 序說 / 1
  • 第一章 日本美術の始源 / 4
  • 第二章 古墳時代の美術 / 13
  • 第三章 飛鳥美術の興隆(一)(聖德太子と佛敎美術) / 28
  • 第四章 飛鳥美術の興隆(二)(世界の至寶法隆寺) / 38
  • 第五章 飛鳥美術の興隆(三)(飛鳥時代の佛像彫刻) / 46
  • 第六章 飛鳥美術の興隆(四)(飛鳥時代の工藝) / 53
  • 第七章 飛鳥美術の興隆(五)(白鳳時代の文化と美術) / 62
  • 第八章 飛鳥美術の興隆(六)(藥師寺の塔と佛像、法隆寺壁畫) / 70
  • 第九章 天平美術の煥發(一)(奈良時代の文化と美術) / 80
  • 第十章 天平美術の煥發(二)(東大寺と聖武天皇) / 87
  • 第十一章 天平美術の煥發(三)(奈良時代の建築と彫刻) / 94
  • 第十二章 天平美術の煥發(四)(奈良時代の繪畫と工藝) / 104
  • 第十三章 弘仁密敎美術(上)(弘仁時代の文化と美術) / 111
  • 第十四章 弘仁密敎美術(中)(弘仁時代の建築と工藝) / 123
  • 第十五章 弘仁密敎美術(下)(弘仁時代の繪畫と彫刻) / 134
  • 第十六章 藤原淨土敎美術(上)(藤原時代の文化と美術) / 141
  • 第十七章 藤原淨土敎美術(中)(藤原時代の建築と工藝) / 151
  • 第十八章 藤原淨土敎美術(下)(藤原時代の繪畫と工藝) / 168
  • 第十九章 鎌倉武家美術(一)(鎌倉時代の文化と美術) / 181
  • 第二十章 鎌倉武家美術(二)(鎌倉時代の建築と彫刻) / 194
  • 第二十一章 鎌倉武家美術(三)(鎌倉時代繪畫の特徵) / 212
  • 第二十二章 鎌倉武家美術(四)(繪卷物槪說) / 228
  • 第二十三章 東山美術とその前後(一)(室町時代の文化と美術) / 239
  • 第二十四章 東山美術とその前後(二)(足利義政と東山美術) / 249
  • 第二十五章 東山美術とその前後(三)(茶道と美術との關係批判) / 260
  • 第二十六章 東山美術とその前後(四)(室町時代の建築、工藝、彫刻) / 271
  • 第二十七章 東山美術とその前後(五)(東山繪畫、畫聖雪舟) / 280
  • 第二十八章 桃山豪華美術(上)(桃山時代の文化と美術) / 295
  • 第二十九章 桃山豪華美術(中)(桃山時代の建築) / 305
  • 第三十章 桃山豪華美術(下)(桃山時代の繪畫彫刻、工藝) / 320
  • 第三十一章 江戶時代美術槪說(一)(江戶時代の文化と美術) / 331
  • 第三十二章 江戶時代美術槪說(二)(傳統的繪畫と裝飾的繪畫) / 343
  • 第三十三章 江戶時代美術槪說(三)(寫生派繪畫) / 351
  • 第三十四章 江戶時代美術槪說(四)(町人主義と浮世繪) / 356
  • 第三十五章 江戶時代美術槪說(五)(士人階級藝術) / 364

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東洋美術史
著作者等 一氏 義良
書名ヨミ トウヨウ ビジュツシ
出版元 綜合美術研究所
刊行年月 昭11
ページ数 682p 図版
大きさ 23cm
NCID BN11087196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46066310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想