鹿嶺遺稿

加藤与之吉 著 ; 加藤忠夫 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 題字 鹿嶺は故人の眞蹟
  • 寫眞 六葉
  • 序 國澤新兵衞
  • 編輯者の詞 加藤忠夫
  • 略歷
  • 學を卒へ越後に住みて 明治廿七年-明治四十年 / 1
  • 呦々錄 / 3
  • 鹿嶺日記 / 25
  • 滿洲にわたりて 明治四十年-大正十二年 / 71
  • 記念の扇 / 73
  • 井戶端會議 / 126
  • 水制工事と野戰-護岸工事と要塞戰 / 213
  • 會社創立當時の回顧 / 232
  • 回顧十三年 / 251
  • 命懸けの工事 / 289
  • 俳句 狂歌 短文 / 497
  • 故郷にかへりて 大正十二年-昭和八年 / 603
  • おらが村 / 605
  • 「インブレー」事件 / 614
  • 日記 / 620
  • 狂歌 / 711
  • 書簡 / 769
  • 追悼錄
  • 滿鐵時代の加藤與之吉君 上田恭輔 / 797
  • 故加藤與之吉先生と天津居留民團 臼井忠三 / 801
  • 大藏公望 / 808
  • 悼 遠藤藤吉 / 809
  • 挽歌 木下銳吉 / 810
  • 岡本桂次郞 / 810
  • 弔ふ人と弔はれる人 安藤又三郞 / 811
  • 工學士加藤與之吉先生の追憶 太田秀穗 / 814
  • 大藤高彥 / 816
  • 懷加藤大人 川上善兵衞 / 817
  • 追憶 木戶忠太郞 / 817
  • 追憶 荒井綠 / 819
  • 柿の家加藤與之吉君を憶ふ 散木山風 / 821
  • 堀口九萬一 / 824
  • 柿の狂歌 中島洋吉 / 826
  • 鹿嶺先生の遠逝を哭す 吉田喜代藏 / 827
  • 百溪淸 / 827
  • 故加藤與之吉課長の思ひ出 大木謙吉 / 828
  • 吉野又四郞 / 829
  • 噫鹿嶺先生 垣上鶯池 / 830
  • 新村富次郞 / 832
  • 赤井隆太 / 833
  • 山崎信十郞 / 837
  • 加藤大人より受けたる感化の一端 大瀧金吉 / 839
  • 福見雅義 / 845
  • 山田武吉 / 846
  • 故人を偲びまつりて 武村淸 / 847
  • 故鹿嶺山人を偲ぶ 高麗文英 / 847
  • 原澤豐吉 / 848
  • 先輩加藤與之吉氏を偲ぶ 新開壽之助 / 851
  • 高橋邦太郞 / 852
  • 市原精次郞 / 852
  • 悼加藤詞兄 梅木正衞 / 854
  • 挽歌 井上陽 / 855
  • 解良勝次郞 / 856
  • 水車の音 菅谷泰昌 / 856
  • 故加藤與之吉氏を憶ふ 關愼之介 / 863
  • 加藤與之吉氏を憶ふ 松本岩吉 / 865
  • 加藤舊課長を偲びて 朝比奈一碧 / 871
  • 挽歌 荻野朝陽 / 872
  • 亡兄の追憶 加藤弘三 / 873
  • 幸福なる父 奧中喜代一 / 876
  • 幼時の思出と父の最後 奧中雪子 / 878
  • 父 加藤忠夫 / 880
  • 父を憶ひて 加藤三郞 / 885
  • 父に手向く 加藤武子 / 888

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鹿嶺遺稿
著作者等 加藤 与之吉
加藤 忠夫
加藤 與之吉
書名ヨミ ロクレイ イコウ
書名別名 Rokurei iko
出版元 加藤忠夫
刊行年月 昭13
ページ数 895p
大きさ 23cm
NCID BA33081216
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46066429
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想