天目茶碗考

塚本靖 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖言 / 3
  • 天目茶碗とは何ぞや / 6
  • 天目の名稱 / 9
  • 天目茶碗の名稱は日本で附けた名である事
  • 本朝高僧の入宋は浙江省である事
  • 天目山及其附近が茶の名產地である事
  • 宋代以前に於て浙江省が製陶の盛んだつた事
  • 支那にて禪刹佛前に茶を捧ぐる例
  • 我邦にて佛前に天目を飾りし事及其將來の年代
  • 天目山及徑山
  • 徑山及天目山に在る禪刹
  • 日本の禪僧點茶の法を傳ふ
  • 天目茶碗の使用 / 25
  • 茶盞及天目茶碗を茶器となした例
  • 我國にて古代に茶器として大碗を用ひし事
  • 支那宋代に抹茶を飮用せし事
  • 天目茶碗の茶器として賞用された理由 / 32
  • 支那に於ける飮茶法の沿革
  • 三國及晋の頃茶を飮用す
  • 唐代茶人の風俗
  • 天目茶碗を鬪茶に用ひ之を珍賞せし事
  • 茶碗と茶の色及茶碗の保溫
  • 天目臺の事
  • 天目茶碗の種類 / 49
  • 曜變
  • 油滴
  • 建盞
  • 鳥盞
  • 鱉盞
  • 能皮盞
  • 灰潜
  • 黄天目
  • 建窯の興廢及び其支那陶磁史中の位置 / 92
  • 建窯の起源
  • 飮茶の方法時代に依り變りし例
  • 飮茶の方法變化した爲め茶碗の色之に應じて變りたりし事
  • 支那の磁器
  • 支那にて磁器に似たるもの卽ち準磁器を作り出せし記事
  • 支那の金屬製玉製等の器物
  • 陶器の色を銅色に形容したる例
  • 色釉の發明及其唐代に於て盛に行はれし事
  • 染附の創製
  • 上繪附の創始
  • 明代に到り福建省内に興りし磁器を燒きし諸窯
  • 藤四郞留學の地 / 137
  • (附錄)天目茶碗の名物 / 143

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 天目茶碗考
著作者等 塚本 靖
書名ヨミ テンモク ジャワン コウ
出版元 学芸書院
刊行年月 昭10
ページ数 148p
大きさ 19cm
NCID BA36821716
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46065382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想