随筆頼山陽

市島春城 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 賴氏略系譜
  • 山陽年譜
  • 山陽の生活 / 1
  • 小影 / 1
  • 小影自題 / 3
  • 父子の至情 / 4
  • 廣島の居と山陽の檻室 / 6
  • 苦勞人の山陽 / 9
  • 父子再會 / 13
  • 歸鄕を避ける辭柄 / 19
  • 春水遺稿出版の事 / 22
  • 大患不起の消息 / 26
  • 臨終と未亡人の書簡 / 30
  • 雲華の弔文 / 39
  • 山陽の墓誌 / 43
  • 未亡人に就て / 45
  • 三樹三郞に就て / 52
  • 三樹三郞と其の名 / 52
  • 三樹三郞と其の骨 / 57
  • 山陽の貧富 / 61
  • 山陽の文藝 / 75
  • 日本外史 / 75
  • 外史最初の腹稿 / 75
  • 執筆の動機と書名 / 80
  • 內容の變遷と苦心 / 85
  • 史實としての價値 / 89
  • 文章に就ての非難 / 94
  • 竹山の逸史と山陽の外史 / 97
  • 甕江川田博士の辨誤に就て / 98
  • 國民敎化の大文學 / 101
  • 外史獻上の內幕 / 106
  • 外史の闕典 / 112
  • 長川東洲と外史 / 114
  • 種々の異本に就て / 119
  • 文 / 127
  • 小品文 / 127
  • 紀行 / 132
  • 隨筆 / 136
  • 詩 / 144
  • 山陽の詩に就て / 144
  • 唐絕新選 / 159
  • 詩律論 / 161
  • 書簡 / 163
  • 書 / 175
  • 畫 / 182
  • 槩言 / 182
  • 畫論 / 190
  • 畫贊 / 197
  • 山陽の趣味 / 208
  • 總說 / 208
  • 書畫癖 / 212
  • 骨董趣味 / 226
  • 篆刻 / 241
  • 煎茶 / 249
  • 平曲 / 252
  • 酒曆 / 255
  • 山陽と酒 / 255
  • 酒の富 / 259
  • 泉川 / 260
  • 唐船漂著と劍菱 / 261
  • 酒の手紙 / 264
  • 酒獵 / 272
  • 三本樹の出銀者 / 276
  • 山陽と諸家 / 279
  • 山陽と茶山 / 279
  • 山陽と有栖川宮家 / 287
  • 山陽と日野資愛 / 290
  • 山陽と大槻平泉 / 294
  • 山陽と古賀穀堂 / 297
  • 山陽と龜井昭陽 / 301
  • 山陽と大鹽中齋 / 303
  • 山陽と猪飼敬所 / 307
  • 山陽と細川林谷 / 315
  • 山陽と卷菱湖 / 319
  • 山陽と宮原節庵 / 322
  • 山陽と江馬細香 / 330
  • 山陽と木村默老瀧澤馬琴 / 336
  • 山陽と山內容堂 / 340
  • 山陽と蘇東坡 / 344
  • 山陽と袁隨園 / 347
  • 山陽の雜事 / 351
  • 細心の山陽 / 351
  • シマリ屋の山陽 / 354
  • 山陽最後の望を達せず / 356
  • 梅溪游記 / 357
  • 西野梅溪の遺詩 / 364
  • 山陽揮毫の詩笠 / 365
  • 雪舟の碑文を書す / 367
  • 博多を去る時の一詩 / 369
  • 山陽一本やらる / 371
  • 二儒の山陽觀 / 372
  • 叢書の序 / 376
  • 鴨河の記 / 380
  • 春日杯の記 / 384
  • 山陽と嚴島 / 388
  • 山陽と島原 / 392
  • 山陽と演劇 / 394
  • 玉蘊女史 / 397
  • 東山の俗謠 / 398
  • 山陽の和歌 / 400
  • 姊妹卷の奇遇 / 403
  • 大隈家の三墨跡 / 406
  • 秦滄浪に對する冷語 / 408
  • 十五兩の借り參らせ / 409
  • 賴家の貓 / 412
  • 梅颸の書簡 / 413
  • 山陽の遺跡を訪ふ / 416
  • 京都の賴家を訪ふ / 416
  • 山紫水明處を訪ふ / 422
  • 圖らざる機緣 / 422
  • 春水の遺品 / 423
  • 地域爭ひから訴訟 / 425
  • 一軒の茅屋 / 426
  • 叡山と鴨河 / 428
  • 東西南北の風 / 431
  • 庭中の石室 / 433
  • 二枚の額 / 435
  • 書室に伴ふ聯想 / 436
  • 賴家買戾し / 439
  • 曙覽と山紫水明處 / 442
  • 支峰の日記 / 445
  • 曙覧の日誌 / 446
  • 備中の小野氏を訪ふ / 452
  • 耶馬溪探勝 / 463
  • 追錄 / 474
  • 耶馬溪卷幷に雲華の妾に關する書簡 / 474
  • 母堂に寄せた書簡二通 / 485
  • 山陽と四條派 / 494
  • 山陽印癖の追補 / 499
  • 補遺 / 501
  • 山陽竹田對坐の圖に就て / 502
  • 遺愛品陳列の圖に就て / 504
  • 枕を雲華に贈る / 505
  • 腥史と精進 / 507
  • 校書袖笑に書き與へた詩書 / 509
  • 外史の材料を寄與した人 / 511
  • 南遊卷 / 518
  • 西省帖 / 522
  • 旅中に得た山陽と鴨厓の逸事 / 525
  • 三樹が平野に寄せた書簡 / 533
  • 酒ならば千里も厭ひ申さず / 537
  • 雜事 / 538
  • 耶馬溪訪問の經緯 / 539
  • 秦川は高梁川なり / 540
  • 玉蘊女史の事 / 541
  • 秋吉雲庵の事 / 541
  • 尋常詩人と伍するは御免 / 542
  • 賴山陽朱批の江馬細香詩集 / 543
  • 賴山陽は何故に人氣があるか(附山陽の逸事數則) / 552
  • 賴山陽の逸事 / 571

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 随筆頼山陽
著作者等 市島 春城
書名ヨミ ズイヒツ ライ サンヨウ
書名別名 Zuihitsu rai san'yo
出版元 翰墨同好会
刊行年月 昭11
版表示
ページ数 613p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46060102
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想