図説ヨーロッパ服飾史

徳井淑子 著

かたちにも色彩にも模様にも、すべて意味がある。古代から20世紀初頭まで、ズボン、コルセット、ジャケット、マントなど、さまざまな装いを眺めながら、衣服が放つ多様なメッセージを解読する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 身体の誇張(九‐一三世紀 ゲルマン服飾の伝統
  • 一四‐一六世紀 身体造形の構築
  • 一七世紀 繊細な身体感覚
  • 一八世紀 遊戯的モードの誕生
  • 一九世紀 多彩な女性モード)
  • 第2章 色彩感情と文様の意想(黒服とメランコリー
  • 資本主義社会の黒服
  • 多色嫌悪と縞柄
  • 政治と祝祭の色
  • 紋章とドゥヴィーズ)
  • 第3章 異国趣味とレトロ趣味(東洋趣味
  • 外国かぶれ
  • 古代ギリシア調の復古
  • 中世趣味)
  • 第4章 ジェンダー、下着、子ども服(ズボンの表象
  • 異性装
  • 下着
  • コルセット
  • 子ども服)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説ヨーロッパ服飾史
著作者等 徳井 淑子
書名ヨミ ズセツ ヨーロッパ フクショクシ
書名別名 Zusetsu yoroppa fukushokushi
シリーズ名 ふくろうの本
出版元 河出書房新社
刊行年月 2010.3
ページ数 111p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-309-76140-4
NCID BB0148995X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21734591
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想