ソヴエート聯邦燃料及動力問題  昭和11年度

津田政男 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 ソ聯邦重工業の近況と國力增進 / 1
  • 第一章 ソ聯邦國民經濟に於ける重工業の地位 / 1
  • 一 重工業の建設 / 1
  • 二 消費經濟の犧牲 / 3
  • 第二章 技術習得と〔スタハノフ〕的勞働能率增進運動 / 5
  • 一 「スタフ」の養成 / 5
  • 二 スタハノフ運動の勃興 / 6
  • 三 勞動生產性の向上 / 7
  • 第三章 利潤蓄積と企業採算主義 / 10
  • 一 新企業の操業開始 / 10
  • 二 利潤の增加 / 13
  • 三 國家助成金の廢止 / 15
  • 第二篇 動力及燃料の近況 / 17
  • 第一章 電化部門 / 17
  • 一 レーニンの空想と現狀 / 17
  • 二 歐洲一を誇るモスクワの發電網 / 20
  • 三 泥炭及び白炭資源の開發 / 22
  • 四 農業の機械化及び重工業建設を助ける電化網の擴大 / 25
  • 五 中部地方の電化とドンバス炭 / 27
  • 六 急流と石油に惠まれた北部コーカサス / 29
  • 七 大發電所の櫛比するウラル・クズバス重工業地帶 / 31
  • 八 バイカル湖岸の重工業化とアンガラストロイ大發電所の建設 / 33
  • 九 極東工業化の槓杆は發電所建設 / 34
  • 一〇 ドネープロストロイ發電所と工業建設の進展 / 35
  • 一一 石油、石炭の利用より水力の利用へ / 36
  • 一二 中亞の邊境に出現する數多の水力發電所 / 38
  • 一三 ターピン及ポイラーの現代化 / 40
  • 一四 安價なる燃料の使用 / 41
  • 一五 都市經濟の建設と温水供給事業 / 42
  • 一六 發電裝備の操業率 / 43
  • 一七 企業採算の强調と燃料費の低下 / 44
  • 一八 各地を連結する高壓送電線 / 45
  • 第二章 石炭業 / 45
  • 一 炭田地帶の分布 / 45
  • 二 ソ聯邦の石炭產額 / 50
  • 三 機械化と能率增進 / 51
  • 四 未だ低下せざる石炭原價 / 54
  • 第三章 石油業 / 55
  • 一 需要の增加と採油の不振 / 55
  • 二 世界に冠たる石油埋藏量と油田の分布 / 56
  • 三 採油の盛衰を制する鑿井作業 / 60
  • 四 掘鑿費に現れたる作業不振 / 62
  • 五 採油及加工方法の現代化 / 63
  • 六 新設精油工場と精油能力 / 65
  • 七 最新式クラツキング技術の把握 / 67
  • 八 需給を調節する數千の原油輸送管 / 69
  • 九 十億留に達する石油業投資 / 71

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ソヴエート聯邦燃料及動力問題
著作者等 津田 政男
書名ヨミ ソヴエート レンポウ ネンリョウ オヨビ ドウリョク モンダイ
巻冊次 昭和11年度
出版元 国防経済研究会
刊行年月 昭11
ページ数 72p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46062180
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想