東洋哲学史 : 哲学における東洋的特質の分析

秋沢修二 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序論 哲學の一般的發展法則と東洋哲學 / 3
  • 第一部 インド哲學史
  • 第一章 インドの社會及び科學 / 29
  • 第二章 インド哲學の成立と發展 / 58
  • (A) 第一期
  • 第三章 ウパニシヤッド時代の哲學-唯物論と觀念論の對立 / 67
  • 第四章 六師時代の哲學-唯物論の確立 / 95
  • (B) 第二期
  • 第五章 原始佛敎の哲學 / 125
  • 第六章 諸敎派の興起 / 138
  • (C) 第三期
  • 第七章 大乘佛敎の哲學 / 165
  • (D) 第四期
  • 第八章 バラモン哲學の整備 / 183
  • (E) 第五期
  • 第九章 九世紀以後のインド六派哲學 / 193
  • 第十章 インド哲學の特性 / 199
  • 第二部 支那哲學史
  • 第一章 支那の社會及び科學 / 209
  • 第二章 支那哲學の成立と發展 / 241
  • (A) 第一期
  • 第三章 諸子時代の哲學 / 259
  • 第四章 老子とその學派 / 276
  • 第五章 孔子とその學派 / 300
  • 第六章 墨子とその學派 / 315
  • 第七章 荀子と論理學 / 328
  • (B) 第二期
  • 第八章 漢代哲學 / 355
  • 第九章 六朝・唐時代哲學 / 371
  • (C) 第三期
  • 第十章 宋明時代哲學 / 383
  • 第十一章 淸代哲學 / 392
  • 第十二章 支那哲學の特質 / 399
  • 附篇 日本哲學史に關する覺書
  • 主要參考文獻 / 424

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東洋哲学史 : 哲学における東洋的特質の分析
著作者等 秋沢 修二
書名ヨミ トウヨウ テツガクシ : テツガク ニ オケル トウヨウテキ トクシツ ノ ブンセキ
書名別名 Toyo tetsugakushi
シリーズ名 世界哲学史 ; 2
出版元 白揚社
刊行年月 昭12
ページ数 428p
大きさ 23cm
NCID BN05866846
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46061114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想