植物学綜説  第9巻

前田威成著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 圖版の說明
  • 目次 / I
  • 第I章 緖言キアズマ型說とは? / 1
  • 第II章 キアズマ型諸說 / 10
  • I Janssens說 / 10
  • 1 Janssens氏1909年論文の内容 / 10
  • 2 Janssens氏1919年發表の要點 / 21
  • 3 Janssens氏1924年論文の内容 / 23
  • II 二面說 / 39
  • III Morgan說 / 42
  • IV Chodat說 / 43
  • V Belling說 / 44
  • VI Da-lington說 / 48
  • VII Sax說 / 51
  • VIII 松浦說 / 52
  • IX スウヰートピーに於けるキアズマ型 / 58
  • 第III章 キアズマ型說の進展 / 61
  • I キアズマ自體の諸問題 / 61
  • 1 キアズマ頻度,末端化 / 61
  • 2 キアズマ頻度の變異 / 69
  • 3 染色體の長さとキアズマ頻度 / 71
  • 4 末端キアズマの問題 / 74
  • 5 キアズマ汎在とキアズマ偏在 / 79
  • II キアズマと交叉遺傳 / 79
  • 1 キアズマ頻度と地圖距離 / 79
  • 2 Belling氏の考察 / 83
  • 3 キアズマ關係 / 89
  • 4 Belling氏の計算法 / 90
  • 5 Drosophila melanogasterに於けるキアズマ頻度とキアズマ分布 / 95
  • III 細胞學的干涉 / 99
  • 1 遺傳學的干涉と細胞學的干涉 / 99
  • 2 Bellingの觀察 / 100
  • 3 Poissonの法則 / 101
  • 4 Haldaneの考察 / 103
  • 5 染色分體干涉 / 109
  • 6 積極的及び消極的細胞學的干涉 / 111
  • 7 染色分體干涉の存否 / 113
  • IV 前減數一後減數の問題 / 115
  • 1 前減數と後減數 / 115
  • 2 Mather氏の考察 / 116
  • 3 不等對の別れ方 / 121
  • 4 四分子分析 / 125
  • 第IV章 キアズマ型の證明 / 132
  • I 直接證明 / 134
  • 1 複異形染色體對に關する實驗觀察 / 134
  • a Stern(1931)の實驗觀察 / 135
  • b Creighton and McClintock(1931)の實驗觀察 / 146
  • c 千野及び吉川(1934)の實驗觀察 / 153
  • d 藤井(1939)の實驗觀察 / 156
  • 2 不等對の別れ方 / 157
  • 3 逆位,輻座の染色體對の別れ方 / 161
  • 4 多價染色體の形像 / 168
  • 5 連環 / 173
  • II 間接證明 / 178
  • 1 8字形像 / 178
  • 2 Beadle(1932c)の觀察 / 183
  • 3 White(1934)の實驗 / 188
  • 4 キアズマ頻度の負の相關 / 190
  • 5 交叉の性差とキアズマ形成の性差 / 191
  • a ハツカネヅミ,ネヅミ / 191
  • b Drosophila / 192
  • c カヒコ / 193
  • 第V章 結び キアズマ型說の批判とその將來 / 196
  • 文献 / 200
  • 索引 / 203

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 植物学綜説
著作者等 前田 威成
書名ヨミ ショクブツガク ソウセツ
書名別名 キアズマ型の説
巻冊次 第9巻
出版元 内田老鶴圃
刊行年月 昭和18
ページ数 207p
大きさ 19cm
NCID BN06614940
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46038907
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
キアズマ型の説 前田 威成
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想