人生叢書  第2期 第5編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一部 成長する魂 / 1
  • 第一章 蛹蟲狀態の幼年少年期 / 3
  • 一 孤獨の影に翳された幼少年時代の思ひ出 / 3
  • 二 父 / 12
  • 三 母とマドゥモワゼル・シャクルトン / 18
  • 四 祖父 / 22
  • 五 ユゼスの新敎徒の敎會 / 28
  • 六 祖母 / 30
  • 七 二つの地方--遺傳の問題 / 39
  • 八 性の眼覺め / 40
  • 九 無器用な精神作用 / 48
  • 十 惡習慣 / 52
  • 十一 父の死 / 55
  • 第二章 蛹蟲狀態よりの脫出 / 58
  • 一 エマニュエル / 58
  • 二 異性に對する反感、恐怖 / 65
  • 三 希臘の發見と聖書 / 73
  • 四 峻嚴な克己主義 / 81
  • 五 神 / 83
  • 六 魂と魂の抱擁 / 85
  • 七 魂と精神の相剋 / 91
  • 八 ピエール・ルイスとの交友 / 96
  • 九 エレディア / 115
  • 十 マラルメ / 118
  • 第三章 生命の發見 / 121
  • 一 基督への訣別 / 121
  • 二 約束の地アフリカ / 129
  • 三 沙漠での病氣 / 130
  • 四 病氣恢復--ビスクラの生活 / 131
  • 五 蘇生の歡喜 / 136
  • 六 生命の頌歌--ナタナエルよ、君に期待の話をしよう / 139
  • 七 死の臭ひに滿ちたパリのサロンや文人倶樂部 / 144
  • 八 スイスの生活--アフリカへのノスタルジイ / 147
  • 九 母の死 / 153
  • 第四章 因襲的なものへの反抗 / 160
  • 一 强者の哲學--メネルクとの三度の邂逅 / 160
  • 二 無動機の行爲 / 188
  • 第五章 社會問題への關心 / 193
  • 一 文學的關心より社會的關心への變移 / 193
  • 二 人間の幸福は義務の認容のうちにある / 195
  • 三 正しく理解された個人主義は共同體に仕ふ / 196
  • 四 コンゴの悲慘な人々 / 197
  • 五 文學者の占める領分 / 199
  • 六 キリストの精神を生かしてゐない敎會 / 200
  • 七 自由檢討によつて生れた信條 / 201
  • 八 ソヴェト・ロシアの現狀--公式主義と文化鎖國主義に對する批判 / 202
  • 第二部 藝術とモラルの諸問題 / 215
  • 一 象徵の理論 / 215
  • 二 作者と讀者の協力 / 218
  • 三 主題の普遍化 / 219
  • 四 藝術上の眞摯性 / 219
  • 五 自然は藝術を模倣する / 220
  • 六 國民主義と文學(第一部) / 222
  • 七 國民主義と文學(第二部) / 229
  • 八 自然主義 / 243
  • 九 古典主義に就いて / 249
  • 十 純粹小說 / 255
  • アンドレ・ジドの人と作品 / 257
  • あとがき / 263

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人生叢書
著作者等 Gide, André
新庄 嘉章
書名ヨミ ジンセイ ソウショ
書名別名 ジイド人生の書

Jinsei sosho
巻冊次 第2期 第5編
出版元 金星堂
刊行年月 昭12
ページ数 264p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46059202
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ジイド人生の書 新庄嘉章 篇
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想