わかりやすいはわかりにくい? : 臨床哲学講座

鷲田清一 著

ひとはなぜ、自由が拡大したのに不自由を感じ、豊かな社会になってかえって貧しさを感じるのか-現代人は、このようなパラドックスに気づき、向き合い、引き受けねば幸福にはなれない。「自由」「責任」の本質は何か。「弱さの力」とは何なのか。哲学の発想から、常識とは違う角度からものを見る方法を、読者とともに考える。人々と対話し思索を深める"臨床哲学"を実践してきた著者が、複雑化した社会のなかで、自らの言葉で考え、生き抜いていく力をサポートする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 問いについて問う-意味について
  • こころは見える?-ふるまいについて
  • 顔は見えない?-人格について
  • ひとは観念を食べる?-生理について
  • 時は流れない?-時間について
  • 待つことなく待つ?-ホスピタリティについて
  • しなければならないことがしたいこと?-責任について
  • 所有できないものしか所有できない?-自由について
  • 同じになるよりすれ違いが大事?-コミュニケーションについて
  • できなくなってはじめてできること?-弱さについて
  • 憧れつつ憎む?-家族について
  • 未熟であるための成熟?-市民性について
  • わかりやすいはわかりにくい?-知性について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わかりやすいはわかりにくい? : 臨床哲学講座
著作者等 鷲田 清一
書名ヨミ ワカリヤスイ ワ ワカリニクイ : リンショウ テツガク コウザ
書名別名 シニアのための哲学

Wakariyasui wa wakarinikui
シリーズ名 ちくま新書 832
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.3
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06539-1
NCID BB01427293
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21744552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想