詩人の使命

萩原朔太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 詩の本質性について / 11
  • 理性に醒めよ / 25
  • 詩の生理學を呼ぶ / 34
  • ロマンチストの二種類 / 36
  • 日本の詩人 / 39
  • 「氷島」の詩語について / 42
  • 最近詩壇の動向 / 55
  • インテリ以前の日本詩壇 / 66
  • 詩人とジャーナリスト / 76
  • 僕は日本語絕望論者ではない / 80
  • 詩と音樂の關係 / 84
  • 知性感情 / 93
  • 新しさについて / 95
  • 政治と藝術 / 98
  • 純粹詩論の非論理性 / 100
  • 最近の詩壇 / 101
  • 認識第一步の現詩壇 / 103
  • 我れは尚悔いて恨みず / 104
  • 詩人は散文を書け / 107
  • わがひとに與ふる哀歌 / 111
  • 小說と詩的精神の問題 / 123
  • 詩人の嘆き / 129
  • 日本浪漫派について / 134
  • 純正詩のイデアを求めて / 138
  • 詩と批評家 / 148
  • 詩の雜感 / 156
  • 詩の建設の前に / 161
  • 難解の詩について / 170
  • 現代と詩精神 / 179
  • 菊池寬氏の詩論 / 192
  • 西脇順三郞氏の詩論 / 198
  • 春山行夫君に答へて詩の本質を論ず / 210
  • 大宅壯一氏の詩人論 / 223
  • 時代を呼ぶ人 / 234
  • 新しい言葉は何處にあるか / 238
  • 詩と日本語 / 248
  • 處女の言葉 / 255
  • 日常口語の人代名詞 / 259
  • 譯詩について / 262
  • 日本詩と思想性 / 265
  • 女性詩人に望む / 275
  • 純正自由詩論 / 280
  • 仇敵の間に立ちて / 300
  • 詩と散文精神 / 305
  • 詩人の生活 / 313
  • 詭辯を戒む / 319
  • 文化に先驅するもめ / 327
  • エッセイについて / 333
  • 今日の詩精神 / 339
  • 詩人と大衆 / 344
  • 詩人は何を爲すべきか / 351
  • 俳句の本質について / 362
  • 純粹詩としての國詩 / 374
  • 蕪村に歸れ / 382
  • 新古今集への歌壇的潮流とその批判 / 391
  • 蕪村俳句の再認識 / 400
  • 口語詩歌の韻律を論ず / 411
  • 俳句の解釋について / 426
  • 琶蕉俳句の音樂性について / 441

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 詩人の使命
著作者等 萩原 朔太郎
書名ヨミ シジン ノ シメイ
出版元 第一書房
刊行年月 昭12
ページ数 450p
大きさ 19cm
NCID BA39970133
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46055482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想