物理の散歩道  第5

ロゲルギスト 著

日常現象について、物理をこよなく愛する物理学者たちがユニークな視点で語り合う名エッセイ集の第五弾。初版刊行以来約四〇年を経てもなお新鮮さを失わない。有名な「月では昼間星が見えるか」や足のない蛇がどうやって前に進むのかを謎解きした「蛇行よろめき談義」を収録。また教育と教科書の関係の本質を突いた「要約のすすめ・反要約のすすめ」は読みごたえがある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(月では昼間星が見えるか
  • かや葺き屋根はなぜ漏らぬ
  • 霧はなぜできるか
  • 蛇行よろめき談義
  • ぬれた砂はなぜ黒いか)
  • 第2部(水玉はどう縮む
  • 渦を忘れた魚
  • フィゾー法の影武者
  • 続フィゾー法の影武者
  • ころがるボールの力学
  • 日月問答)
  • 第3部(通信を考える
  • エネルギーの捨てどころ
  • パルスとレベル
  • 熱の運び屋
  • 要約のすすめ・反要約のすすめ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物理の散歩道
著作者等 ロゲルギスト
書名ヨミ ブツリ ノ サンポミチ
巻冊次 第5
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.2
版表示 新装版.
ページ数 241p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-005964-0
NCID BA91445488
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21811090
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想