島崎藤村の文学

伊藤信吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 小題一言 島崎藤村
  • 序 室生犀星
  • 築かれた世界
  • 老年の風格 / 17
  • 内部と外部 / 61
  • 文學道程の回想
  • 精神史の一瞥 / 109
  • 作家營爲の歷史 / 141
  • 作品論
  • 『破戒』をめぐる囘顧と感想 / 177
  • 『春』並びに『櫻の實の熟する時』 / 199
  • 『家』の性格と憂鬱性 / 221
  • 『新生』斷想 / 242
  • 『嵐』「分配」-一聯の作品 / 263
  • 詩人論
  • 千曲川旅情の歌 / 289
  • 詩人としての藤村 / 298
  • 作家意欲の社會性
  • 北村透谷との交友 / 335
  • 意欲の社會性 / 358
  • 作品の社會性 / 385
  • 歐洲文學との交涉 / 419
  • ロシア文學との關聯 / 447
  • 『夜明け前』論
  • 巨大なる記念碑 / 473
  • 歷史の意思 / 501
  • 理想の悲劇 / 526

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 島崎藤村の文学
著作者等 伊藤 信吉
書名ヨミ シマザキ トウソン ノ ブンガク
出版元 第一書房
刊行年月 昭11
ページ数 565p
大きさ 17cm
NCID BN1603764X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46056156
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想