ディルタイ全集  第4巻

ディルタイ 著 ; 西村晧, 牧野英二 編

後期ディルタイの精髄をなす歴史論・世界観学を集大成。歴史的世界の構成の論理、世界観の諸類型、哲学の機能についての反省的探究-学問的生涯を賭して、追究された未完のプログラム、「歴史的理性批判」の最終局面の光芒を示す記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 歴史論(精神科学の基礎づけに関する研究-一九〇五年以降
  • 精神科学における歴史的世界の構成-一九一〇年
  • 精神科学における歴史的世界の構成の続編の構想 歴史的理性批判のための草案-一九一〇年頃
  • 付録-一九〇四年以降)
  • 2 世界観学(歴史意識と世界観-一八九六年頃〜一九〇六年頃
  • 世界観の諸類型と、形而上学的諸体系におけるそれらの類型の形成-一九一一年
  • 世界観の諸類型に関する論文への手書きの追記と補遺-一八九六年頃〜一九〇六年頃
  • 世界観学に向けて-一八九六年頃〜一九〇六年頃
  • 哲学の本質-一九〇七年
  • 宗教の問題-一九一一年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ディルタイ全集
著作者等 Dilthey, Wilhelm
牧野 英二
竹田 純郎
西村 皓
西谷 敬
長井 和雄
書名ヨミ ディルタイ ゼンシュウ
書名別名 世界観と歴史理論

Dirutai zenshu
巻冊次 第4巻
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2010.2
ページ数 1004, 55p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-588-12104-3
NCID BB01160739
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21784571
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想