カナリヤの飼ひ方

五十嵐鉄雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 總論
  • 第一章 飼鳥趣味の涵養
  • 第一節 飼鳥趣味とは / 1
  • 第二節 飼鳥趣味は不道德にあらず / 5
  • 第三節 飼鳥趣味の効用 / 8
  • 第二章 カナリヤ
  • 第一節 カナリヤの由來 / 11
  • 第二節 我邦へ何時舶載せられたか / 14
  • 第三節 世界に於けるカナリヤの品種 / 16
  • 第四節 雌雄何れによつて系統は決定せられるか / 21
  • 第五節 飼鳥に於ける秘傳の害 / 25
  • 第六節 カナリヤの習性 / 27
  • 第七節 如何なる鳥を買ひ求むべきか / 29
  • 各論
  • 第一章 平素の飼養法
  • 第一節 庭籠に就いて / 33
  • 第一項 庭籠の構造 / 33
  • 第二項 庭籠の内部 / 36
  • 第二節 飼料 / 38
  • 第三節 餌及び水の給與法 / 40
  • 第四節 水浴と日光浴 / 41
  • 第五節 庭籠の置場所 / 43
  • 第六節 箱の掃除と羽蟲の驅除 / 46
  • 第七節 疾病 / 51
  • 第一項 健康狀態の識別と病中の手當 / 51
  • 第二項 繁殖期に於ける卵秘病 / 55
  • 第八節 脫毛期の手當 / 57
  • 第九節 鳥の系統及び配偶 / 59
  • 第二章 春季に於ける育雛法
  • 第一節 總則 / 65
  • 第二節 產卵期に於ける巢及び巢草の提供 / 68
  • 第三節 人工發情促進法 / 70
  • 第一項 ボレーの給與 / 71
  • 第二項 卵粟又は茹で卵の給與、(或は荏胡麻、菜種等の刺戟劑の給與) / 72
  • 第三項 雌雄分離による發情促進法 / 75
  • 第四節 カナリヤの卵 / 77
  • 第五節 抱卵中に於ける水浴の可否 / 81
  • 第六節 檢卵と抱卵日數 / 82
  • 第七節 雛に與へるべき飼料 / 87
  • 第八節 人工哺育法 / 90
  • 第九節 雛の發育狀態 / 95
  • 第十節 巢立とその前後 / 97
  • 第十一節 雛は何時親鳥となるか / 104
  • 第十二節 育雛の成績は親鳥の善惡に關係あり / 106
  • 第十三節 筟毛に對する處置 / 111
  • 第十四節 巢立雛の雌雄鑑別 / 115
  • 第十五節 カナリヤを相手の雜種 / 118
  • 第三章 經濟上より觀たる飼鳥
  • 第一節 内職としての飼鳥 / 122
  • 第二節 設備及び管理の方法 / 132
  • 第四章 觀賞本位の飼鳥
  • 第一節 『追ひ込み』式の飼養法 / 140
  • 第二節 『追ひ込み』の構造 / 143
  • 第三節 管理の方法 / 148
  • 第四節 『追ひ込み』に於ける產卵及び育雛に就て / 155
  • 第五章 結論

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 カナリヤの飼ひ方
著作者等 五十嵐 鉄雄
書名ヨミ カナリヤ ノ カイカタ
出版元 駸々堂
刊行年月 大正15
ページ数 165p
大きさ 19cm
全国書誌番号
43051007
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想