半夏生の灯 : あやかし草紙

竹河聖 著

梅雨の晴れ間の暑い午後。幇間の藤八は老舗の旦那三人、芸者二人とともに江戸の湾に屋根船を出し、釣りに興じていた。そのさなか、豊島屋の主人が釣り上げた掛け軸の巻き物。そこに描かれていたのは不吉な女の幽霊の絵だった。その後、絵を見たものたちに降りかかる不審な死。藤八は己の身分を忘れ、探索にのり出していくのだが…。書き下ろしで贈る好評のシリーズ第二弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 半夏生の灯 : あやかし草紙
著作者等 竹河 聖
書名ヨミ ハンゲショウ ノ ヒ : アヤカシ ゾウシ
シリーズ名 時代小説文庫 た2-3
ハルキ文庫 た2-3
出版元 角川春樹事務所
刊行年月 2009.8
ページ数 273p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7584-3426-3
全国書誌番号
21729705
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想