圓生の落語  3 (真景累ケ淵)

三遊亭圓生 著 ; 宇野信夫 監修

圓生名演集・第三弾は、まさに圓生落語の真骨頂である、三遊亭圓朝の屈指の名作二篇を収録。表題作「真景累ヶ淵」は、発端の"宗悦殺し"から"聖天山"までが網羅され、高座でも滅多に聞くことのできない貴重な記録である。「牡丹燈篭」では、"お露新三郎"から"関口屋のゆすり"までを収録。永久保存版の一冊。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 圓生の落語
著作者等 三遊亭 円生
宇野 信夫
三遊亭 圓生
書名ヨミ エンショウ ノ ラクゴ
書名別名 真景累ケ淵

Ensho no rakugo
シリーズ名 河出文庫 さ19-3
巻冊次 3 (真景累ケ淵)
出版元 河出書房新社
刊行年月 2010.3
ページ数 392p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-41009-8
NCID BB01630694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21729168
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
文庫版解説 立川志の輔
牡丹燈籠 三遊亭圓生, 宇野 信夫
真景累ケ淵 三遊亭圓生, 宇野 信夫
解説 宇野 信夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想