歴史のディコンストラクション : 共生の希望へ向かって

小林康夫 著

未來社PR誌での好評連載「思考のパルティータ」27回分に、関連する講演・論述を増補した著者の最新論集。さまざまなジャンルや学問と交流しながらたがいに越境し、共生していく現代哲学の最尖端を疾走しつつ、迷走する資本主義の彼方に"歴史の真理"を読み取ろうとする著者の思考は、個人の「主体」を問い直し、人類の「共生の地平」から新たな実存を紡ぎ出そうとする。キリスト教、佛教の問題への関心から、さらにはブランショやデリダに代表されるフランス的思考をバネに、次世代へ向けて哲学的思考のリミットを切り開こうとする渾身の希望の哲学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • "歴史の真理"の方へ
  • 間奏曲(1)-重力と"否"!
  • 人間の諸目的=終わり
  • 存在の根源的契約-「出エジプト記」をめぐって
  • 間奏曲(2)-坂口安吾と共同体の原光景
  • 人間の終わりという希望
  • 幽霊への随伴-遭難の哲学
  • 資本を問う-ポストーンへの応答
  • メタ哲学としての佛教-バリローチェ講演
  • 佛教の方へ、おそらく
  • 非人間的なものについて
  • 真理は政治的である-パリ「哲学と教育」フォーラム
  • 間奏曲(3)-梟のリトルネロ(BESETO カンフェランス)
  • 能力/享楽の存在論-資本主義と危機
  • 資本主義の「哲学」-人類のポリティクス
  • 「カフカは聖人だったか?」-断食芸人の聖別
  • 疲労と真理-モーリス・ブランショの"限りなき対話"
  • 政治的なものの主体について-パリ講演
  • 資本主義の"真理"の彼方
  • "新しい人"に向かって-台北講演

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史のディコンストラクション : 共生の希望へ向かって
著作者等 小林 康夫
書名ヨミ レキシ ノ ディコンストラクション : キョウセイ ノ キボウ エ ムカッテ
書名別名 Rekishi no dikonsutorakushon
シリーズ名 UTCP叢書 4
出版元 未來社
刊行年月 2010.3
ページ数 306p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-624-01181-9
NCID BB01496026
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21729244
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想