緋文字

ホーソーン 作 ; 八木敏雄 訳

胸に赤いAの文字を付け、罪の子を抱いて処刑のさらし台に立つ女。告白と悔悛を説く青年牧師の苦悩…。厳格な規律に縛られた一七世紀ボストンの清教徒社会に起こった姦通事件を題材として人間心理の陰翳に鋭いメスを入れながら、自由とは、罪とは何かを追求した傑作。有名な序文「税関」を加え、待望の新訳で送る完全版。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 緋文字
著作者等 Hawthorne, Nathaniel
八木 敏雄
ホーソーン
書名ヨミ ヒモンジ : カンヤク
書名別名 The scarlet letter

完訳
シリーズ名 ワイド版岩波文庫 319
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.2
ページ数 429p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-007319-6
NCID BB01194151
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21730221
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想