原始仏教に於ける生天思想の研究

辻本鉄夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 本論の課題 / 1
  • 二 原始佛敎に於ける三つの着目點 / 4
  • 三 出家の佛弟子は在家の佛弟子に何を敎へたか / 13
  • 四 開示せられたる天路 / 23
  • 五 佛敎の第一義的立場と生天 / 36
  • 六 何故に佛陀は生天を說かれたか / 46
  • 七 生天思想の宗敎的義趣 / 55
  • 八 生天と解脫との統合 / 69
  • 九 無我の標幟と生天思想 / 82
  • 十 生天思想の佛敎史的意義 / 88
  • (註) / 102

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 原始仏教に於ける生天思想の研究
著作者等 辻本 鉄夫
辻本 鐵夫
書名ヨミ ゲンシ ブッキョウ ニ オケル ショウテン シソウ ノ ケンキュウ
書名別名 Genshi bukkyo ni okeru shoten shiso no kenkyu
出版元 顕真学苑出版部
刊行年月 昭11
ページ数 113p
大きさ 19cm
NCID BA79256056
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46051216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想