古代メソポタミアの神話と儀礼

月本昭男 著

『ギルガメシュ叙事詩』、創成神話、卜占文書、医術文書…古代の人々は、いかにして死と向き合い、何に祈ったのか。東地中海世界・古代西アジア世界に埋もれた楔形文書に、私たちの世界像を造り上げている組成の「起源」を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古代メソポタミアの神話世界(古代メソポタミアの創成神話
  • 古代メソポタミアにおける神々の死-アヌ殺害の場合
  • 冥界をめぐる神話と儀礼-『イシュタルの冥界下り』を中心に ほか)
  • 2 古代メソポタミアの宗教儀礼(王権と宗教儀礼-古代バビロニア・アッシリアの場合
  • 呪と医と信-古代メソポタミアの場合
  • 古代メソポタミアにおける埋葬儀礼と死者供養 ほか)
  • 3 古代メソポタミアの文学と預言(『ギルガメシュ叙事詩』の可能性
  • イシュタルの誘惑-『ギルガメシュ叙事詩』とその周辺
  • 古代メソポタミアの預言と預言文書 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代メソポタミアの神話と儀礼
著作者等 月本 昭男
書名ヨミ コダイ メソポタミア ノ シンワ ト ギレイ
書名別名 Kodai mesopotamia no shinwa to girei
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.2
ページ数 392, 5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-022896-1
NCID BB01323196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21729390
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想