鯰のざれごと

今村明恒 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 鯰のざれごと / 3
  • 二 番傘 / 11
  • 三 賴山陽地震の詩 / 14
  • 四 地震利益或問 / 18
  • 五 地震と風景 / 21
  • 六 鷄の欠伸 / 27
  • 七 蟬時雨 / 29
  • 八 世紀の北米大西洋沖地震 / 35
  • 九 觀光 / 37
  • 一〇 地震の正體 / 40
  • 一一 ドリアン / 52
  • 一二 小學敎材としての地震 / 56
  • 一三 地割れの開閉現象 / 61
  • 一四 稱名寺の鐘樓 / 67
  • 一五 張衡 / 72
  • 一六 地震計の寃 / 87
  • 一七 初動の方向性 / 92
  • 一八 五畿七道大地震 / 96
  • 一九 地震活動盛衰千五百年 / 107
  • 二〇 天長の秋田地震 / 121
  • 二一 出羽柵 / 132
  • 二二 男鹿地震考 / 139
  • 二三 地震の興味 / 148
  • 二四 白鳳大地震 / 153
  • 二五 有馬の鳴動 / 160
  • 二六 田結村の人々 / 167
  • 二七 能代の數日間 / 176
  • 二八 バルカン地震 / 180
  • 二九 災害除け / 181
  • 三〇 九月一日 / 187
  • 三一 地震毛と火山毛 / 190
  • 三二 室蘭警察署長 / 201
  • 三三 櫻島爆發の追憶 / 207
  • 三四 ポンペイとサン・ピエール / 211
  • 三五 クラカトアから日本まで / 214
  • 三六 役小角と津浪除け / 218
  • 三七 防浪堤 / 224
  • 三八 「稻むらの火」の敎方に就て / 229
  • 三九 三陸津浪の原因爭ひ / 249
  • 四〇 四度三陸沿岸を巡りて / 254
  • 四一 三陸沿岸の浪災復興 / 261
  • 四二 土佐と津浪 / 267
  • 四三 五德の夢 / 278
  • 四四 島陰の渦 / 283
  • 四五 耐震卽ち耐風か / 287
  • 四六 地震と腦溢血 / 292
  • 四七 關東大震火災の火元 / 294
  • 四八 地震學者の橫顏 / 297
  • 四九 椿とお尻 / 300
  • 五〇 渡邊先生 / 303
  • 五一 野宿 / 307
  • 五二 人と國 / 317
  • 附錄 本邦大地震年代表 / 321

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鯰のざれごと
著作者等 今村 明恒
書名ヨミ ナマズ ノ ザレゴト
書名別名 Namazu no zaregoto
出版元 三省堂
刊行年月 昭和16
ページ数 319p
大きさ 19cm
NCID BN06268861
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46041314
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想