人間と仮面 : シャリアピン自伝

フェォドル・シャリアピン 著 ; 内山敏, 久保和彦 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序に代へて 谷川徹三
  • 原序
  • 第一部 帝政ロシア
  • 第一章 さまよへるロシア人 / 3
  • 第二章 ステンカ・ラージンの傳說 / 10
  • 第三章 現實と空想 / 17
  • 第四章 音樂への第一步 / 25
  • 第五章 舞臺生活の端緖 / 32
  • 第六章 音樂師匠ウーサトフ / 40
  • 第七章 チフリスよりペテルスブルグへ / 47
  • 第八章 帝室劇場での經驗 / 57
  • 第九章 名優ダルスキー及び名女優サドフスカヤとの接觸 / 65
  • 第十章 マモントフの知遇 / 71
  • 第十一章 モスクワ時代 / 80
  • 第十二章 再びペテルスブルグへ / 89
  • 第十三章 藝術上の二要素 / 100
  • 第十四章 人物の具像化とメークアツプ / 106
  • 第十五章 舞臺における感情の規律 / 122
  • 第十六章 完璧なる藝 / 135
  • 第十七章 ロシア演劇界の今昔 / 143
  • 第十八章 つゞき / 152
  • 第十九章 時代と演劇人 所謂「富農」と彼等の功績 / 157
  • 第二十章 トルストイ訪問記 / 169
  • 第二十一章 聖ペテルスブルグの作曲家達 / 178
  • 第二十二章 宮廷と演劇 / 188
  • 第二部 政治と藝術
  • 第二十三章 政治に對する無關心 / 197
  • 第二十四章 思想へのめざめ / 204
  • 第二十五章 一九〇五年前後 / 210
  • 第二十六章 勞働者の前で歌ふ / 220
  • 第二十七章 レーニンとの奇遇 / 234
  • 第二十八章 大戰の勃發 / 240
  • 第二十九章 ラスプーチン慘殺 / 250
  • 第三十章 無政府狀熊と演劇界 ケレンスキー / 255
  • 第三十一章 政府とゴリキイ / 269
  • 第三十二章 ジノヴイエフとの交涉 / 277
  • 第三十三章 暗黑時代 / 287
  • 第三十四章 政府の人々 / 294
  • 第三十五章 辯護人として / 308
  • 第三十六章 スターリンの印象 / 313
  • 第三十七章 革命後の演劇界 / 319
  • 第三十八章 ロボツト / 325
  • 第三十九章 外國へ / 333
  • 第四十章 稱號について! / 346
  • 第四十一章 或るエピソード / 358
  • 第四十二章 嫌疑 / 367
  • 第四十三章 親友ゴリキイを語る / 374
  • 第三部 異鄕にて
  • 第四十四章 母國ロシアを憶ふ / 385
  • 第四十五章 ロシア及びヨーロツパの音樂と演劇 / 389
  • 第四十六章 「藝術の城」の夢想 / 396
  • あとがき / 401

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人間と仮面 : シャリアピン自伝
著作者等 Chaliapin, Fyodor Ivanovich
Shaliapin, Fedor Ivanovich
久保 和彦
内山 敏
フェォドル・シャリアピン
書名ヨミ ニンゲン ト カメン : シャリアピン ジデン
書名別名 Ningen to kamen
出版元 報国社
刊行年月 昭15
ページ数 403p
大きさ 19cm
NCID BA4958085X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47035605
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想