対位法

ステフアン・クレール 著 ; 片山頴太郎 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖言 / 1
  • 第一部 單一對位法(二聲・三聲及び四聲の)
  • 第一章 二聲樂節
  • 第一節 器樂的樂節に於ける等時的對位法、卽ち一音符對一音符の作法 / 6
  • 【作例及び課題】 / 1
  • 第二節 聲樂曲に於ける等時的對位法 / 15
  • 【作例及び課題】 / 1
  • 第三節 不等時的對位法、一音符對二音符(器樂的) / 17
  • 【作例及び課題】 / 2
  • 第四節 一音符對三・四音符又はそれより多くの音符(器樂的) / 20
  • 【作例及び課題】 / 3
  • 第五節 異つた動き方の對立 / 24
  • 【作例及び課題】 / 5
  • 第六節 掛留及び變過音をもつ對位法 / 25
  • 【作例及び課題】 / 5
  • 第七節 對位に於ける切分音及び節奏 / 28
  • 【作例及び課題】 / 7
  • 第八節 聲樂曲に於ける自由な構成 / 33
  • 【作例及び課題】 / 8
  • 第九節 器樂曲に於ける極めて自由なる取り扱ひ / 35
  • 【作例及び課題】 / 9
  • 第十節 コラールの扱ひ方 / 38
  • 【作例及び課題】 / 11
  • 第十一節 自由な模倣 / 42
  • 【作例及び課題】 / 14
  • 第十二節 小さなインヴェンチオンの構成 / 45
  • 【作例及び課題】 / 15
  • 第二章 三聲樂節
  • 第十三節 等時的對位法 / 47
  • 【作例及び課題】 / 17
  • 第十四節 不等時的對位法 / 49
  • 【作例及び課題】 / 17
  • 第十五節 聲樂の樂節 / 53
  • 【作例及び課題】 / 9
  • 第十六節 模倣的の對位法 / 55
  • 【作例及び課題】 / 20
  • 第十七節 インヴェンチオン / 57
  • 【作例及び課題】 / 21
  • 第三章 四聲樂節
  • 第十八節 等時的對位法 / 58
  • 【作例及び課題】 / 22
  • 第十九節 不等時的對位法 / 60
  • 【作例及び課題】 / 23
  • 第二十節 フーゲの第一群及び自由なる器樂構成の形式に於けるインヴェンチオン / 64
  • 【作例及び課題】 / 26
  • 第二十一節 聲樂の樂節 / 71
  • 【作例及び課題】 / 27
  • 第二部 二重對位法
  • 第四章 オクターブの二重對位法
  • 第二十二節 二聲樂節 / 77
  • 【作例及び課題】 / 30
  • 第二十三節 多聲樂節 / 89
  • 【作例及び課題】 / 33
  • 第二十四節 三重及び四重對位法 / 96
  • 【作例及び課題】 / 37
  • 第五章 十度及び十二度の二重對位法
  • 第二十五節 十度の二重對位法 / 107
  • 【作例及び課題】 / 40
  • 第二十六節 十二度の二重對位法 / 113
  • 【作例及び課題】 / 41
  • 第三部 嚴格なる模倣、カノン
  • 第六章 二聲のカノン
  • 第二十七節 駢行カノン / 117
  • 【作例】 / 42
  • 第二十八節 反行のカノン / 130
  • 【作例】 / 47
  • 第二十九節 擴大及び縮小のカノン、鏡影カノン / 136
  • 【作例】 / 49
  • 第三十節 自由な聲をもつ二聲のカノン / 141
  • 【作例】 / 50
  • 第七章 多聲のカノン
  • 第三十一節 三聲のカノン / 147
  • 【作例】 / 54
  • 第三十二節 四聲のカノンと二重カノン / 149
  • 【作例】 / 55
  • 第四部 五聲・六聲・七聲及び八聲の對位法
  • 第三十三節 五聲の樂節 / 154
  • 第三十四節 六聲・七聲及び八聲の樂節 / 158
  • 【作例】 / 56
  • 引用樂譜の一覽

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 対位法
著作者等 Krehl, Stephan
片山 頴太郎
ステフアン・クレール
書名ヨミ タイイホウ
出版元 高井楽器店
刊行年月 昭和4
ページ数 163, 64p
大きさ 23cm
NCID BN07303221
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47032143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想