幻の兵車

賀川豊彦 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 沸勝する市場 / 3
  • 母よりの音信 / 7
  • 池に立つ波 / 12
  • 正義の爲めに / 17
  • 舞踏と柔かき肌 / 21
  • 闇の力 / 30
  • 響くよ除夜の鐘が! / 34
  • 『時』は復讐する / 37
  • 花は散る / 41
  • 蛆虫の生活 / 51
  • 袖に孕む秋風 / 53
  • 貧民窟の夜學生 / 58
  • 人生の春 / 61
  • 悲しき運命 / 63
  • 霜解け道 / 67
  • 霙降る夜 / 71
  • 貧民窟の天女 / 75
  • 魂の扉 / 80
  • 眉墨をひいた女 / 83
  • 香水のかをり / 87
  • 裸體像 / 92
  • 黃昏時 / 97
  • 堂島取引所 / 102
  • 御燈明の光 / 111
  • きりぎりす寵 / 116
  • 新しき憂鬱 / 122
  • 鯔釣り / 129
  • 水、水、水 / 132
  • 厄介者 / 136
  • 夕と朝 / 141
  • 夙川の堤 / 144
  • 黃金地獄 / 146
  • トマトの自慢 / 150
  • 檻と鐵格子 / 159
  • 錦の紙入 / 165
  • 白粉の捕虜 / 171
  • 凋落 / 174
  • 秋風は立つ / 180
  • 瀨戶内海の旅 / 185
  • 農村更生の道 / 191
  • 頰の縱皺 / 197
  • 復活への道 / 206
  • 後始末 / 211
  • 暴落 / 213
  • 豐年の饑饉 / 216
  • 村の黎明 / 221
  • 停車場前 / 223
  • 黃金に飢ゑたる人々 / 232
  • 籾を慴る音 / 235
  • 村の產業組合 / 237
  • 小さき懺悔 / 241
  • 低地と土堤 / 245
  • スヰートピーの唇 / 249
  • 群衆と孤獨 / 256
  • 冬夜の瞑想 / 259
  • 農業倉庫の内と外 / 261
  • 人肉の重量 / 265
  • 民衆の聲 / 271
  • 白日の下に / 274
  • 死の誘惑 / 276
  • 自然の慰安 / 282
  • 糧を運ぶ鳥 / 286
  • 革命製造業 / 291
  • 風に亂るる鬢 / 294
  • 雪の薄暮 / 298
  • 兵兒帶を手拭にして / 305
  • 監房内の懺悔 / 310
  • 揖斐川のほとり / 315
  • 小さき兄弟 / 320
  • 星空の歡び / 323
  • 灰を掻き分けて / 327
  • 乳と蜜の流るゝ地 / 330
  • 日輪の頰白 / 333
  • 乳房なき母 / 338
  • 吳越同舟 / 347
  • 夕刊新聞 / 352
  • 小羊の群 / 357
  • 天狗の草取り / 362
  • 村の解放者 / 376
  • 鷄舍の節穴 / 384
  • 組合の花嫁 / 391
  • 春を待つ心 / 396
  • 傾く西日 / 403
  • 森の百舌鳥 / 414
  • 川邊の藪影 / 422
  • 村の荒物屋 / 432
  • 芦邊の水鳥 / 443
  • 幻の兵車 / 448
  • 夜明前 / 458
  • 嵐の跡 / 461
  • 羽根つく音 / 465
  • 赤ん坊の瞳 / 472
  • 裝幀・揷畫 平澤定治

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 幻の兵車
著作者等 賀川 豊彦
書名ヨミ マボロシ ノ ヘイシャ
書名別名 Maboroshi no heisha
出版元 改造社
刊行年月 昭和9
ページ数 480p
大きさ 19cm
NCID BN12873455
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47021545
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想