竜雨俳話

増田竜雨 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • ある二人の俳諧師(創作) / 1
  • 役者の母(戲曲) / 15
  • 紺暖簾(其一) / 61
  • 紺暖簾(其二) / 67
  • 紺暖簾(其三) / 75
  • うしろかげ / 82
  • 削掛 / 97
  • 親と子の話 / 101
  • 雜詠選を辭するに就て / 104
  • 草魚の墓前に / 108
  • 新年の句に就て / 113
  • すゞしろの花 / 118
  • 白魚の話 / 120
  • 走馬燈の下に / 126
  • 風雪の絕筆に就て / 134
  • 聯俳の一日 / 140
  • 棕梠の雨遊評 / 144
  • 藤江さま / 157
  • 道三茶談 / 163
  • したしみ / 170
  • 夜寒の灯に / 172
  • 故馬琴斷片 / 175
  • 俳句はどうなる? / 182
  • 巢林子の机と駕畫 / 185
  • おもむき七題 / 190
  • 「や」「かな」「けり」に就て / 196
  • 俳句で戀を拾つた話 / 201
  • 西瓜酒 / 204
  • 悲しき落語--其他 / 207
  • 光陰矢の如し / 214
  • 「名月や雪間につもる水の音」の句に就て / 221
  • 狀のはし / 225
  • 言葉のにほい / 227
  • 春光 / 228
  • 米人と俳諧を語る / 230
  • 鯉 / 233
  • 言葉の變遷 / 235
  • 眞實。上手。噓 / 237
  • かげ / 239
  • 木枕語 / 241
  • 下町の話 / 247
  • 淺草寺を中に(下町の話二) / 263
  • 龍雨俳句集(第一)跋文 / 280
  • 龍雨俳句集(第二)跋文 / 291
  • てがみ / 293
  • 味 / 295
  • 無我の道 / 297
  • カナリヤ / 299
  • 淸濁 / 301
  • 小唄
  • 雨華庵
  • 權八
  • 黑塀に
  • 富士市
  • となり柿の木
  • 水神の
  • 湯戾り
  • 跋 / 315

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 竜雨俳話
著作者等 増田 竜雨
増田 龍雨
書名ヨミ リュウウ ハイワ
出版元 宝文館
刊行年月 昭和8
ページ数 312p
大きさ 19cm
NCID BA42421020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47027544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想