三島通庸伝

佐藤国男 著

附: 歴代警視総監伝;電子展示会名:近代日本人の肖像:三島通庸

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 三島通庸の幼少年時代
  • 1 三島通庸生る / 1
  • 2 三島通庸小野道場に入門す / 4
  • 3 通庸、伊知地正治に兵書を習ふ / 6
  • 4 弟傳之丞武士道に殉ず / 8
  • 5 父の看病と三島通庸 / 10
  • 6 三島通庸、千田某との決鬪 / 12
  • 二 幕末維新當時の三島通庸
  • 1 三島通庸と寺田屋騷動 / 15
  • 2 伏見鳥羽の戰ひと三島通庸 / 19
  • 三 都之城地頭としての三島通庸
  • 1 難治の都之城大改革 / 21
  • 2 靈域高千穗と三島通庸 / 25
  • 四 東京府參事、敎部大亟時代の三島通庸
  • 三島通庸、東京府參事に就任す / 26
  • 三島通庸の東京市街測量 / 27
  • 3 東京銀座と三島通庸 / 28
  • 4 藝娼妓解放令制定と三島通庸 / 29
  • 5 風致林の創始者三島通庸 / 30
  • 6 山陵と三島通庸 / 33
  • 五 酒田、山形縣令時代の三島通庸
  • [1] 三島通庸と土木事業 / 35
  • 2 山形縣に於ける土木政策 / 39
  • 3 敎育勸業方面に於ける三島通庸 / 43
  • 4 西南役と三島通庸 / 46
  • 六 福島縣令兼任時代の三島通庸
  • 1 三島縣令と會津三大道路開鑿 / 50
  • 2 福島縣令としての事蹟 / 73
  • 3 安積開墾と三島通庸 / 74
  • 七 栃木縣令時代の三島通庸
  • 1 栃木縣に於ける道路政策 / 77
  • 2 栃木縣廳移轉問題 / 79
  • 3 加波山事件と三島通庸 / 81
  • 4 那須野開墾と三島通庸 / 88
  • 5 三島開墾地 / 90
  • 6 三島神社 / 91
  • 八 警視總監としての三島通庸
  • 1 自由民權運動と當時の世相 / 92
  • 2 保安條令と三島通庸 / 99
  • 3 三島總監と部下 / 103
  • 4 三島總監、男女混浴を禁止す / 104
  • 5 彌生社と警視總監三島通庸 / 106
  • 6 憂國志士の供養と三島通庸 / 107
  • 7 三島通庸、大隈の入閣に反對す / 108
  • 8 三島總監とピストル强盜 / 110
  • 9 三島通庸逝去す / 115
  • 九 三島通庸の抱負とその末完成事業
  • 1 三島通庸の遷都計畫 / 117
  • 2 日本皇道主義の提唱と遷宮計畫 / 118
  • 3 北海道開拓計畫 / 120
  • 4 學習院改革計畫 / 121
  • 十 家庭に於ける三島通庸 / 122
  • 十一 三島通庸とその交友 / 124
  • 十二 三島通庸と短歌 / 127
  • 十三 三島通庸の逸話 / 134
  • 1 予は○○縣令です
  • 2 縣令樣なぞ御通りになりません
  • 3 三島通庸瓦の燒き方を傳授す
  • 4 土木知事といはれた人の住宅は
  • 5 三島通庸、白河で僞子爵嗣子を觀破す
  • 6 信夫文字摺石の人影を發見す
  • 7 大山巖西鄕從道に土を運ばす
  • 8 三島道路に豆を播く
  • 9 三島通庸風流を解せず
  • 10 科料を辨償する
  • 11 三島總監邸の豚汁
  • 12 伊藤總理、三島總監を慰留す
  • 13 札幌と根室の間に一直線の朱線を引く
  • 14 福富翁曰く『彼は明治政府の長城たり』
  • 15 病中小店員の好意に感激す
  • 16 病中座して聖恩を拜す
  • 十四 賢婦三島和歌子 / 150
  • 1 夫おもひの夫人
  • 2 强盜を怒鳴り付けた夫人
  • 3 情深い夫人の反面
  • 4 小說『不如歸』の中の夫人
  • 附錄
  • 歷代警視總監傳 / 157

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 三島通庸伝
著作者等 佐藤 国男
書名ヨミ ミシマ ミチツネ デン
書名別名 Mishima michitsune den
出版元 三島通庸伝刊行会
刊行年月 昭和8
ページ数 184p 肖像
大きさ 20cm
NCID BA53530039
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47021457
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想