大衆法律講座  第1巻

三宅正太郎, 日沖憲郎著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序章 民法を學ばうとするに當つて / 5-89
  • その一 まづ民法とは何か / 5-20
  • その二 民法はどんなかたちで現れるか / 20-38
  • その三 民法典はどうしてできあがつたか / 38-51
  • その四 民法はどのやうに解釋されるか / 51-64
  • その五 さらに私權とは何であり、また何であらねばならぬか / 64-79
  • その六 私權の爭ひはどういふ風に解決されるか / 80-89
  • 第一章 權利の主體=自然人と法人について / 93-150
  • 第一節 權利の主體とは何か / 93-95
  • 第二節 自然人 / 95-117
  • その一 權利能力 / 95-102
  • その二 住所 / 102-108
  • その三 不在者 / 108-111
  • その四 失踪 / 111-117
  • 第三節 法人 / 117-150
  • その一 法人の本體 / 117-119
  • その二 法人の分類 / 119-122
  • その三 法人の設立 / 122-134
  • その四 法人の登記 / 134-136
  • その五 法人の住所 / 137
  • その六 法人の權利能力 / 137-139
  • その七 法人の機關 / 139-143
  • その八 定款、寄附行爲の變更 / 143-145
  • その九 法人の消滅 / 145-149
  • その一〇 法人に對する監督 / 149-150
  • 第二章 權利の客體、特に物について / 153-174
  • 第一節 權利の客體から物へ / 153-154
  • 第二節 物 / 154-174
  • 第三章 權利の變動、特に法律行爲を中心にして / 177-356
  • 第一節 權利の變動から法律行爲へ / 177-179
  • 第二節 法律行爲とは何か / 179-187
  • 第三節 行爲能力 / 187-222
  • その一 法律行爲と行爲能力 / 187-188
  • その二 自然人の行爲能力 / 188-216
  • その三 法人の行爲能力 / 216-222
  • 第四節 法律行爲の解釋 / 222-232
  • 第五節 法律行爲の内容 / 233-256
  • 第六節 意思と表示との齟齬 / 256-271
  • 第七節 瑕疵ある意思表示 / 271-278
  • 第八節 意思表示の到達 / 278-281
  • 第九節 代理 / 281-313
  • その一 普通の代理 / 281-299
  • その二 復代理 / 299-302
  • その三 無權代理 / 302-313
  • 第十節 無效と取消 / 313-327
  • 第十一節 條件と期限 / 327-339
  • 第十二節 期間 / 380-381
  • 第十三節 時效 / 341-356
  • 附錄 民法總則編條文 / 357-385

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大衆法律講座
著作者等 三宅 正太郎
日沖 憲郎
書名ヨミ タイシュウ ホウリツ コウザ
書名別名 民法総則

Taishu horitsu koza
巻冊次 第1巻
出版元 非凡閣
刊行年月 昭和9
ページ数 385p
大きさ 23cm
NCID BN07661888
BN14792139
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47025505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
民法総則 日沖 憲郎, 三宅 正太郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想