ニーベルンゲンの歌基礎の研究

雪山俊夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序說
  • 槪念の檢討
  • 一 歌と叙事詩 / 3
  • 二 二三の基礎槪念 / 24
  • 文獻學史的小考察
  • 一 自然的詩歌と制作的詩歌 / 31
  • 二 生成史的轉向 / 45
  • 英雄歌謠及び英雄叙事詩の系統
  • 一 英雄歌謠 / 66
  • 二 叙事詩の發生 / 75
  • 制作の基礎
  • 本文の批判
  • 一 本文の發見と古寫本の現狀 / 85
  • 二 批判を需める古寫本と批判の目的 / 93
  • 三 ミッヒェルス說とブラウネ說 / 95
  • 四 ABC古寫本の異同 / 98
  • 五 ラッハマン以前の刊本 / 100
  • 六 ラッハマン說 / 105
  • 七 ホルツマン說 / 118
  • 八 ツァーンケ說 / 127
  • 九 ラッハマン派の硏究 / 140
  • (い) リーゲル說 / 140
  • (ろ) ミュルレンホッフ說 / 149
  • (は) リリエンクローン說 / 167
  • 一〇 バールチュ說 / 178
  • 一一 パウルのバールチュ說批評と補正 / 206
  • 一二 批判 / 214
  • 一三 ブラウネ說 / 227
  • (い) 各古寫本の關聯 / 227
  • (ろ) 優位問題 / 234
  • 一四 ミッヒェルス說 / 248
  • 一五 兩說の批判 / 251
  • 一六 殘された問題 / 265
  • 生成史の硏究(原始歌謠から制作まで)
  • 生成更の意義と英雄傳說の起原 / 269
  • A 素材と制作
  • 一 北方第一次の傳承 / 275
  • 二 北方第二次の傳承 / 293
  • 三 制作 / 301
  • 四 素材に於ける歷史と神話 / 313
  • B 制作の前史
  • 一 考察の對象と硏究の現勢 / 323
  • 二 前段階に關する三つの蓋然性 / 326
  • 三 前段階多元說 / 330
  • 四 前段階二元說 / 331
  • 五 前段階一元說 / 346
  • 六 綜合的考察 / 362
  • 七 原始歌謠から前段階まで / 419
  • (い) 原始歌謠から『エッダ』の兩歌謠へ / 419
  • (ろ) 北移の時と北方に於ける展開 / 451
  • (は) 獨逸に於ける其後の展開と『ティードレック物語』 / 474
  • C 詩人と生成
  • (い) 詩人問題 / 500
  • (ろ) 生成に就いて / 520
  • 附錄
  • 傳說の童話起原說に就いて / 537
  • 註 / 555

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ニーベルンゲンの歌基礎の研究
著作者等 雪山 俊夫
書名ヨミ ニーベルンゲン ノ ウタ キソ ノ ケンキュウ
出版元 大岡山書店
刊行年月 昭和9
ページ数 601p
大きさ 23cm
NCID BN07188407
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47013512
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想