開けゆく満洲

臼井亀雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 1 日滿を擊ぐ快足船 / 1
  • 2 猜疑の滿人、今や雀躍 / 5
  • 3 その黃金時代 / 10
  • 4 十倍した同胞 / 16
  • 5 大玄關大連 / 21
  • 6 世界一の鐵道會社 / 26
  • 7 東洋一の貿易港 / 31
  • 8 空のタクシー / 36
  • 9 全滿オアシス / 41
  • 10 國境なき歡樂境 / 46
  • 11 別莊地旅大道路 / 51
  • 12 東亞文化大學 / 56
  • 13 滿洲國海軍 / 60
  • 14 將軍連の回顧談 / 65
  • 15 内地化す風景 / 70
  • 16 武裝移民の後から / 76
  • 17 三井村、三菱村 / 80
  • 18 懷鄕病五年目 / 85
  • 19 六億斤白い花 / 90
  • 20 輕金屬時代の王 / 94
  • 21 同胞の自治社會 / 100
  • 22 昭和製鋼所 / 105
  • 23 工業移民の魁 / 110
  • 24 國防協同の五箇師團 / 115
  • 25 滿洲シカゴ / 120
  • 26 奉天城の高塔から / 125
  • 27 株式會社『奉天造兵所』 / 130
  • 28 北大營から工場地帶へ / 135
  • 29 日本人の車夫と三助 / 140
  • 30 奉天花柳界 / 145
  • 31 明るくした水力電氣 / 151
  • 32 安東から東溪湖まで / 156
  • 33 東山地方と奉山沿線 / 160
  • 34 滿鐵のドル箱-撫順炭 / 165
  • 35 石炭から油を取る / 170
  • 36 同胞の頭腦、滿人の手足 / 175
  • 37 「豆の都」から四平街へ / 179
  • 38 洞ケ峙の熱河も開けて / 184
  • 39 新京の今昔 / 190
  • 40 日露のカクテル / 195
  • 41 元首と政廳と / 199
  • 42 蒙古の都-通遼 / 204
  • 43 蒙古人のための興安省 / 209
  • 44 同胞百倍の齊々哈爾 / 214
  • 45 娘子軍の殘花 / 219
  • 46 北滿の穀倉 / 224
  • 47 滿洲への大都會 / 229
  • 48 ハルピン大博覽會 / 234
  • 49 世界を養ふ豆 / 239
  • 50 松花江畔の同胞 / 243
  • 51 最初の武裝移民 / 248
  • 52 大自作農の歡喜 / 253
  • 53 海林の十字路 / 258
  • 54 古都-木都-吉林 / 263
  • 55 同胞移民の中心敦化 / 268
  • 56 大間島市一 / 273
  • 57 歐亞の大關門羅津 / 278
  • 58 日滿貿易の躍進 / 283
  • 59 日本海時代 / 288
  • 60 太平波立たば / 292

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 開けゆく満洲
著作者等 臼井 亀雄
書名ヨミ ヒラケユク マンシュウ
書名別名 Hirakeyuku manshu
出版元 日東書院
刊行年月 昭和8
ページ数 297p
大きさ 19cm
全国書誌番号
47018523
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想