日本に於ける哲学的観念論の発達史

三枝博音 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文
  • 序說 / 1
  • 第一章 日本の移植觀念論の出所としてのドイツ・イデアリスムス / 11
  • 第一節 一つの體系としてのドイツ・イデアリスムス及びその背景 / 13
  • 一 『思惟運動』としてのドイツ・イデアリスムスとその時期 / 13
  • 二 ドイツ・イデアリスムス生成の土壤(其一) / 19
  • 三 ドイツ・イデアリスムス生成の土壤(其二) / 35
  • 第二節 カントと其の時代 / 41
  • 一 ドイツ啓蒙運動 / 41
  • 二 フリードリッヒ大帝とフランス精神への陶醉 / 49
  • 三 國民敎育・懸賞論文・ツェドリッツ / 54
  • 第三節 カントからヘーゲルまで / 59
  • 一 展望 / 59
  • 二 純粹なる思惟(フィヒテ) / 66
  • 三 神秘的直觀(シェリング) / 77
  • 第二章 日本に於ける移植觀念論の特色 / 89
  • 第一節 ドイツ觀念論移植前の明治哲學 / 92
  • 一 ヨーロッパの哲學の日本の學問への接種 / 92
  • 二 カント移植の初期 / 107
  • 第二節 日本に於けるカント・イデアリスムスの解釋 / 115
  • 一 わが國のカント硏究の全貌 / 115
  • 二 カント硏究上の指導者の多彩 / 126
  • 三 啓蒙と『獨創』の並行 / 136
  • 四 經濟學者の『所有權』の基礎づけ / 148
  • 五 宗敎哲學者の信仰の基礎づけ / 155
  • 六 哲學者の形而上學の基礎づけ / 163
  • 第三節 日本に於けるヘーゲル・イデアリスムスの解釋 / 183
  • 一 我が國のヘーゲル硏究の全貌 / 183
  • 二 ヘーゲル硏究の靜かなる四〇年 / 195
  • 三 社會科學の擡頭とヘーゲル解釋上の黨派 / 206
  • 第三章 ドイツ・イデアリスムスの把握 / 225
  • 第一節 カントを如何に讀むか / 228
  • 一 カント哲學の性格(其一) / 228
  • 二 カント哲學の性格(其二) / 236
  • 三 『感性論』の讀み方 / 243
  • 四 『分析論』の讀み方 / 251
  • 五 カント的な言表し方の考察 / 260
  • 六 『分析論』の硏究(其一) / 264
  • 七 『分析論』の硏究(其二) / 272
  • 八 統覺と構想力 / 281
  • 九 カントが踏査したる悟性の國 / 288
  • 第二節 ヘーゲルを讀むための覺え書 / 297
  • 一 彼の學的敎養の出發點 / 297
  • 二 カントとの聯關 / 302
  • 三 科學のヘーゲル的方法 / 309
  • 補遺 / 1
  • 一 哲學的觀念論に就て / 3
  • 二 移植期のドイツ・イデアリスムス / 10
  • 參考文献書目

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本に於ける哲学的観念論の発達史
著作者等 三枝 博音
書名ヨミ ニホン ニ オケル テツガクテキ カンネンロン ノ ハッタツシ
出版元 文圃堂書店
刊行年月 昭和9
ページ数 312, 16p
大きさ 23cm
NCID BN05613884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47015478
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想