統制経済の基本理論

武田鼎一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 本編統制經濟の基本理論
  • 第一章 序說 / 1
  • 第二章 人生と社會 / 4
  • 第一節 全體觀と部分觀 / 6
  • 第二節 全體觀哲學 / 17
  • 第三章 社會分業論 / 27
  • 第四章 統制の目的とその主體並に對象 / 40
  • 第五章 對隅均整の原則 / 43
  • 第六章 通貨統制の基礎理論 / 47
  • 第一節 貨幤の本質 / 48
  • 第二節 通貨の種類 / 57
  • 第三節 通貨價値と物價 / 62
  • 第四節 通貨統制の原則 / 91
  • 第七章 物價統制の基礎理論 / 100
  • 第一節 均衡價格の算定 / 101
  • 第二節 需給統制と價格統制 / 105
  • 第三節 公定價格 / 116
  • 第八章 統制經濟の基礎理論 / 120
  • 第一節 公定價格に依る需給統制と通貨統制 / 125
  • 第二節 新々重商主義の採用 / 131
  • 第九章 統制經濟と計畫經濟 / 134
  • 第十章 結語 / 137
  • 續編 リカードウを中心とする分配理論の研究
  • 第一章 序說 / 1
  • 第二章 原著「政治經濟と課税の原理」第三版の飜譯と註解 / 3
  • 第一節 原著弟二章「地代論」の飜譯と註解 / 3
  • 第二節 原著第三章「鑛山地代論」の飜譯と註解 / 36
  • 第三節 原著第二十四章「土地の地代に關するアダム・スミスの學說」の飜譯と註解 / 40
  • 第四節 原著第三十二章「地代に關するマルサス氏の意見」の飜譯と註解 / 56
  • 第五節 原著第五章「賃銀論」の飜譯と註解 / 94
  • 第六節 原著第六章「利潤論」の飜譯と註解 / 115
  • 第七節 原著第二十一章「利潤と利子に及ぼす蓄積の影響」の飜譯と註解 / 140
  • 第八節 原著第二十六章「總收入と純收入を論ず」の飜譯と註解 / 156
  • 第九節 原著第三十一章「機械論」の飜譯と註解 / 162
  • 第三章 需要先行の法則 / 177
  • 第四章 地代論 / 183
  • 第五章 賃銀論 / 199
  • 第六章 利潤論 / 206
  • 第七章 各種所得の相補性と需要者搾取論 / 218
  • 第八章 資本蓄積と貯蓄 / 228
  • 第九章 所得均衡論 / 234

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 統制経済の基本理論
著作者等 武田 鼎一
書名ヨミ トウセイ ケイザイ ノ キホン リロン
書名別名 Tosei keizai no kihon riron
出版元 敬文堂書店
刊行年月 昭和8
ページ数 237p
大きさ 23cm
NCID BN10137288
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47011477
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想