満洲国経済の研究

堀経夫 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 堀經夫
  • 第一章 興亞經濟の基調 堀經夫 / 1
  • はしがき / 1
  • 第一節 產業立地の硏究 / 2
  • 第二節 我國の指導的役割 / 5
  • 第三節 倫理的經濟開發 / 8
  • むすび / 11
  • 第二章 產業立地より見たる滿洲國及び北鮮の地域性 別技篤彥 / 13
  • 第一節 序言 / 13
  • 第二節 東部山地帶 / 20
  • 第三節 小興安嶺地帶 / 31
  • 第四節 大興安嶺地帶 / 33
  • 第五節 熱河山地帶 / 36
  • 第六節 滿洲平野 / 40
  • 第一款 中央低地帶 / 41
  • 第二款 東北部低地帶 / 48
  • 第三款 嫩江沖積低地帶 / 50
  • 第四款 西南部低地帶 / 53
  • 第七節 ホロンバイル高原 / 56
  • 第八節 ゼーヤ河盆地帶 / 58
  • 第九節 北鮮の產業立地瞥見 / 59
  • 第三章 滿洲國に於ける農產物商品化の展開過程 松幸雄 / 65
  • 第一節 農產物商品化の特殊性 / 65
  • 第二節 農產物商品化の條件 / 77
  • 第三節 滿洲國の農產物商品化の特色 / 82
  • 第四節 滿洲國農產物商品化の過程 / 110
  • 第五節 農業經營上より見たる農產物商品化 / 126
  • 第六節 結言 / 133
  • 第四章 滿洲國農業勞働の一考察 硲正夫 / 137
  • 第一節 序說 / 137
  • 第二節 滿洲國農業生產事情槪觀 / 139
  • 第一款 農業技術との關聯においてみたる滿洲農業經營の諸關係 / 141
  • 第二款 滿洲とくに北滿の土地所有事情 / 163
  • 第三節 滿洲農業勞働の性格 / 173
  • 第五章 滿洲國鑛業・製鐵業の發達性 豐崎稔 / 203
  • 第一節 滿洲國鑛業・製鐵業の重要性 / 203
  • 第二節 滿洲國鑛業・製鐵業の物質的基盤 / 208
  • 第三節 滿洲國鑛業・製鐵業の生產樣式 / 215
  • 第六章 滿洲國資本問題の展開 飯田繁 / 223
  • 第一節 序言 / 223
  • 第二節 建國前の資本展開 / 228
  • 第三節 建國・開發經濟と日本資本 / 242
  • 第四節 國防經濟と資本缺乏 / 275

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 満洲国経済の研究
著作者等 堀 経夫
書名ヨミ マンシュウコク ケイザイ ノ ケンキュウ
書名別名 Manshukoku keizai no kenkyu
シリーズ名 大阪商科大学経済研究所研究叢書 ; 第13冊
出版元 日本評論社
刊行年月 昭和17
ページ数 294p
大きさ 22cm
全国書誌番号
46042957
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想