日本精神顕現の根本問題

紿田茂太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 國家非常時の眞相と日本精神 / 1
  • 一 内外の情勢 / 1
  • 二 軍縮條約問題 / 4
  • 三 聯盟脫退の完了と國際關係 / 7
  • 四 對露關係の切迫 / 10
  • 五 對支關係の發展 / 13
  • 六 日本を廻る外國空軍の發展 / 16
  • 七 我は日本人也 / 18
  • 第二章 日本精神の骨髓 / 25
  • 第三章 日本精神の伸展 / 30
  • 第四章 日本建國の大理想と復古、維新の原理 / 36
  • 一 復古と維新 / 36
  • 二 建國大理想の三方面 / 42
  • 1 主權の絕對性 / 42
  • 2 德治主義の政治 / 45
  • 2 國家の永遠性 / 46
  • 第五章 尊王大義名分論 / 49
  • 一 尊王精神と大義名分 / 49
  • 二 大義名分論と宋學の影響 / 55
  • 三 近世尊王論の先驅 / 59
  • 四 近世尊王論の展開 / 67
  • 第六章 態澤蕃山の思想と山鹿素行の日本主義 / 76
  • 一 熊澤蕃山と尊王思想 / 76
  • 二 山鹿素行の日本主義 / 84
  • 第七章 崎門尊王論と大義名分 / 91
  • 一 山崎闇齋の尊王論 / 91
  • 二 淺見網齋及び其他の門流 / 106
  • 第八章 水戶學と大義名分 / 112
  • 一 義公德川光圀と大義名分 / 113
  • 二 藤田幽谷と藤田東湖の精神 / 127
  • 三 烈公德川齊昭と尊王精神 / 134
  • 四 會澤正志齋と新論 / 136
  • 第九章 寳曆、明和事件と尊王論 / 144
  • 一 寳曆事件と竹内式部 / 144
  • 二 明和事件と山縣大貳、藤井右門 / 171
  • 第十章 近世國學に於ける復古精神 / 180
  • 一 序曲 / 180
  • 二 荷田春滿の國學と其の思想 / 183
  • 三 賀茂眞淵と復古思想 / 190
  • 四 本居宣長と古道說 / 201
  • 五 平田篤胤と古道大意 / 209
  • 第十一章 憂國の志士高山彥九郞と蒲生君平の尊王精神 / 225
  • 一 高山彥九郞の全國遊歷と尊王精神の鼓吹 / 225
  • 二 蒲生君平と山陵志 / 237
  • 第十二章 賴山陽の日本外史と尊王論 / 255
  • 第十三章 開國の先覺者佐久間象山と魂の敎育者吉田松陰 / 268
  • 第十四章 梅田雲濱と橋本左内の勤王運動 / 289
  • 一 梅田雲濱と勤王の奔走 / 289
  • 二 橋本左内と勤王の運動 / 306
  • 第十五章 幕末維新の志士と勤王精神 / 316
  • 第十六章 結論 / 321
  • 附錄 マルキシズムの批判と日本精神 / 324
  • 日本の赤化思想
  • マルキシズムの吸引力
  • 人間マルクス
  • マルキシズムの由來と英國の經濟狀態
  • マルキシズムの理論體系
  • 唯物辨證法と唯物史觀の批判
  • 階級鬪爭說の批判
  • 勞働價値說及剥餘價値說の判批
  • 共產主義の批判
  • 國體觀念と不一致
  • 暴力革命の害惡
  • 和物主義の弊
  • マルキシズムと日本精神

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本精神顕現の根本問題
著作者等 紿田 茂太郎
書名ヨミ ニホン セイシン ケンゲン ノ コンポン モンダイ
出版元 創文社
刊行年月 昭和9
ページ数 348p
大きさ 20cm
NCID BA4329606X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47014490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想